2人目の子育ては大変!?ラクになるキーワードは〇〇〇!

1人目の時には

初めての育児でいっぱいいっぱいだったけど

2人目となればきっと余裕♪

久しぶりの新生児のニオイに癒されながら

2人の子育て楽しむわよ♪

なーんて思っていたら

赤ちゃん返りした1人目と

やっぱり2人目でも手がかかる新生児

そして重ねた年齢の分の

体力の衰え…

現実は厳しいですね涙

しかし1人目も戦力に駆り出して

育児をラクにする

魔法のようなキーワードがあったんです!

それは

「〇〇〇〇〇!」

私の体験を交えながらご紹介します!

1人目のキモチ


2人目が生まれるまでは

親の愛情を一身に受けていたのに

急に現れたアイツに

ママとパパをとられた!

1人目の心の中は

不安でいっぱいです

パパとママの気を引きたくて

いたずらしてみたり

構ってほしくて

赤ちゃん返りしてみたり

小さな心は頑張ってるんです

上の子の赤ちゃん返りに手を焼いて

イライラしてしまったら

そんな時は

魔法のキーワード使いましょう

それは

「〇〇(名前)ありがとう!」

です

ポイントは名前も呼んであげること!

http://kosodate119.net/2ninnme-akatyankaeri/

特別なアナタ


オトナでも名前を呼ばれると

ものすごーく特別な気がしませんか?

ご主人に

「ねぇおかーさん!」

なんて呼ばれた日には

「あーたの母ではありません!」

なんて思っちゃいませんか?

でも

「ねぇ〇〇〇!」

って名前で呼ばれるとうれしいでしょう?

(私は一度も名前で呼ばれたことありませーん!)

赤ちゃん返りしてしまった1人目ちゃんに

「ママはちゃんとあなたのことを見てるのよ

安心してね」

という気持ちを込めて名前を呼んで

そして

どんなに小さなことでも

「ありがとう」

と伝えてあげてください

「ありがとう」の力


「ありがとう」って言われて

嫌な気持ちになることって

あんまりないと思います

それは小さな子どもも同じで

例えば一人でお着替えができた時

褒めるだけではなくて

「〇〇ありがとう

1人でお着替えできたからママは助かったよ」

って

「ママは助かったよ」という事も伝えてあげると

「ママが喜んでる!」

っていうことが1人目ちゃんの自信になるんです!

小さな自信や成功体験は

1人目の子の成長をどんどん後押しして

自ら行動してくれるようになりますよ!

我が子は2歳の時に次男が生まれましたが

その魔法のキーワードのおかげで

ひどかった赤ちゃん返りが

あっさり終了して

どんどん勝手にお兄ちゃんらしくなっていったんです

ご飯を食べることができたら

「食べてくれてありがとう!」

と伝えていました

すると

食べさせないと食べなかった子が

1人で食べようと奮闘し始めたこともありました

ちょっと声掛けをしたら

勝手に成長してくれるって

素晴らしくないですか!?

「ありがとう」という言葉は

感謝を伝える言葉ですが

人を成長させてくれる言葉でもあったんです!

そして「ありがとう」と言われて育った子どもは

子ども自信もまた

「ありがとう」と素直に言えることができるようになるそうです

さらに!

「ありがとう」と言っているお母さん自身も

心が穏やかになれるような気がしますよ!

(気がするだけでもいいじゃないですか(笑)

小さな戦力


2人の子どもを育てるのは

なかなか簡単なものではありません

育児に協力してくれるご主人や家族がいればいいのですが

ママ1人で2人の子育てをするのは

相当なパワーと精神力が必要です

そんな母親の苦労を知ってか知らずか

1人目の子どもは赤ちゃんに

少なからずやきもちを妬いてしまいます

これは仕方のないことなんです

しかし1人目の子の気持ちを満たしてあげることで

小さな子どもでもママの戦力となってくれることがあります

ちいさな助っ人がいてくれると

2人の子育てもとっても楽しいものになりますよ!

http://kosodate119.net/kosodate-tetudai/


Sponsored Links