保育園や保育士の不満はこれで解決!思いを賢く伝える方法教えます

保育園に子どもを預ける保護者なら

多かれ少なかれ保育士に不満を感じたことがあると思います

私も娘のこととなると

ちょっとした保育士の言葉掛けが気になったり

うちの子だけがそんな扱い!?なんて疑ったりして

不満に感じることはたびたびあります

でもこれからの関係が悪くなるんじゃないかとか

ただのクレーマーだとか思われるんじゃないかと思うと

なかなか保育士に自分の意見を伝えられないのも事実です

保育園や保育士に不満を抱きながらも

言えずに悶々と過ごしているあなた!

これを見れば

保育士との関係を崩すことなく

思いを賢く上手に伝える方法がわかります!

その具体的な方法をご紹介しますね

1.不満を伝えるにはまず準備から


①保育園のルールはきちんと守る

保育園に子どもを預けていると

持ち物がなくなったりすることって

たまにありますよね

保育園ですから

無くなって困るものは持たせていないし

ある程度仕方ないのかなって

私は思っていました

でもある日お迎えの時間に

子どものTシャツがなくなったと

ものすごい剣幕で保育士にまくし立てるママがいたんです

「お気に入りだったのに!」

「弁償はしてくれるのか!」って

その人は子どもが2ヶ月のときから預ける

保育園ベテランママなのですが

保護者の集まりや係りの仕事を一切しないことでも

有名な人でした

仕事が忙しいのも

それぞれの事情があるのも分かるけど

それはみんな同じこと

それであってあのまくし立てっぷりだったので

関係ない私でさえ

「自分はルールを守らないくせに」と思ってしまいました

きっと長い付き合いである担任保育士も

同じように思ったと思います

もし不満をぶつけるのであれば

必要最低限のルールは守り

信頼される親であるべきです

自分の不満だけを前面に出すのではなく

まずは自分自身が誠実である努力をしましょう

②普段から保育士とのコミュニケーションを


「あんでこんなことを言ったんだろう」

普段保育士と関わる中で疑問に感じることって

経験ありますよね

娘の保育園では

毎日の連絡ノートに朝と夜のご飯の内容を書くのですが

ある日保育士からのコメントに

「○○ちゃんは朝ごはんにもっと他の物は食べられないのかな~?」

と書かれていたことがあるんです

ちょうどその頃

他にもいろいろ細かく指摘されることが多く

すこしイライラしている時期でもあったんです

だからノートのコメントも

「またか!メニューのバリエーションが少なくてごめんなさいね!」

なんて思ってしまい・・・

次の日のノートに

「朝はバタバタしていつも同じような食事になって未熟な母ですみません!」

「他のママたちは毎日そんなにたくさん食べさせているんですか?」なんて

皮肉を書いてしまいました

すると次の日のお迎え時に担任保育士が

「給食もよく食べるようになってきたし

もっといろんな味にチャレンジさせてあげられないかなと思って」と

決して今の食事を指摘するつもりはなく

誤解を招いてしまったと謝ってくれたんです

親である私以上に娘の食事を気遣い

なんとかできないかと考えてくれていたんですね

担任保育士の考えを知り

何も知らず勝手に一人怒ってしまったことを反省しました

普段からきちんとコミュニケーションが取れていれば

きっとこのような誤解は生まれません

それぞれの考えを伝えやすい関係を築くためにも

日頃から積極的にコミュニケーションを

取るように心がけましょう

③本当に自分の意見が正しいのか振り返る


保育園1年目のある日

「明日からキャラ物の洋服やタオルを持たせないで下さい」

突然娘の担任からそう言われました

他の子はみんなアンパンマンやミッキーの洋服を着てるのに

なんでうちの子だけ?と

言われたとき少しイラっとしました

ちょうどその頃イヤイヤ期真っ只中の娘は

朝の支度にも時間がかかりまくりの日々で

大好きなキャラクターの洋服だと

イヤイヤせずすんなり着替えてくれたんです

あとは大好きなアンパンマンがいれば

娘も保育園を頑張れるかなという

親心もありました

なのになんでやねん!!

不満そうな私の心を察知したのか

ベテラン保育士が連絡ノートに

「○○ちゃん(娘)はキャラクターが大好きすぎて

泥んこに汚れてしまったときもなかなか着替えようとしない」

「キャラクターの洋服が無くても元気に遊びまわっているから

安心してください」

そう書いてくれました

はじめは

キャラクターの洋服ばかり買ったのにもったいない!

なんて思っていましたが

確かにいやいやっ子をたくさん抱える先生も大変だよね

うちの子だけなんじゃなくて

それぞれの子どもに合わせて対応してくれているんだなって

考えを改めることが出来たんです

しかもキャラクター禁止令は

保育園ではあるあるだったようで

他のママからそれを聞いたときは

「先生に文句言わなくてよかった」ってホッとしました

あなたは不満について

保育士や他人の意見を聞いたことがありますか?

直接ぶつけるまえに

不満について振り返ってみる

そうすれば

もしかしたら違った答えが見つかるかもしれません

2.伝えるときの注意点

①感情的になってはいけない


私もよく感情的になって

すぐ娘に怒鳴ったり

夫に愚痴ったりしてしまうタイプなのですが・・・

感情的になればなるほど

相手に想いは伝わりません

そしてなんでもっと落ち着いて話せなかったんだろうと

後悔することがほとんどです

保育士に不満を伝えることの目的は

自分の感情を相手にぶつけることではありません

不満に思うことを改善してもらえるよう伝えなければいけません

そのためにも事前に何を伝えたいのかを明確にしておく

感情的にならないぞ!と心に誓う

そして毅然とした態度で挑むことです

「感情的になってしまう!!」と思ったら

セーブ役として

パパにも同席してもらいましょう

②送り迎えのついでに言わない


「○○がなくなった」

「○○を改善して欲しい」

送り迎えの時に延々話す保護者がいますが

正直周りは迷惑です

手短に話せるなら良いですが

こちらだって保育士に確認したいこともあるし

保育士も忙しいときに言われても

対応に困ると思います

不満を相手に伝える時は

送り迎えのついでではなく

個別に時間を取ってもらいましょう

より真剣さを伝えるためにも

いつもとは違うんだぞ!

という雰囲気をセッティングするのもひとつの方法です

③ともに改善策を話し合える場にすること


何度も言いますが

不満は伝えるだけでは意味がありません

一方的にぶつけても

気持ちはスッキリするかもしれませんが

解決には向かっていきません

不満点を改善してもらうこと

それが一番の目標です

誰かの非を責めるのではなく

これからどう解決していけば良いのかを

ともに話し合える場であるべきです

「物がなくなったのは保育士の管理が悪いせいだ」

「弁償しろ!」というのではなく

「物がなくならないようにするために改善点を考えてほしい」と

今後どうしてほしいのかということを具体的に伝えましょう

そして解決策を保育士のみにゆだねるのではなく

「家庭でも名前は大きく書くようにします」

「無くして困るものは持たせません」と

こちらも努力するよう伝えることで

その後も良好な関係を築いていけるはずです


まとめ

保育士への不満は

保育園に通わせている限りつきものです

しかし言いづらいからと言わずにいると

不満はどんどん大きくなり

いつか爆発してしまいます

そうならないためにも

自分の思いを伝えるための努力をしましょう

きちんと計画を立て

準備をした上で伝えれば

保育士との関係を崩すことなく

解決できるよう話し合えるはずです

子どもが楽しく保育園生活が送れるように

我慢はしない

改善したいと思うところはきちんと話し合える

そんな関係を保育士と築くことができるといいですね

保育園でのパパの行動って把握してる?ちょっとヤバいパパの行動特集
保育園でのパパの行動って把握してる?ちょっとヤバいパパの行動特集
私の子供達が通っている保育園や 私が勤めていた職場の保育園にも 送迎に来ているパパは結構いました まぁ私がシングルマザーだから ついついパパ...

Sponsored Links