負けるなワーママ!育児ハラスメントに打ち勝つ方法はコレだ!


ハラスメントの代表と言えば

以前までは

セクハラ

でしたが

最近では

マタハラや

パタハラ

育児ハラスメント

という言葉も聞かれるようになりました

子どもを持つことが悪いのか!?

と思われるような

ハラスメント

実は私も育児ハラスメントで会社を退職した経験があります

でもハラスメントになんか負けたくないですよね!

子育て世代に優しいとは言い難い

この社会を生き抜くコツをご紹介します!

社会の現実は厳しかった


妊娠、出産は大変喜ばしいことですよね!

だけど子どもを授かった喜びもつかの間

残念なことに会社で嫌がらせを受けている女性は

実は少なくありません

私もその一人でした

妊娠中には心無い言葉をかけられ

育休復帰時には

何度も退職を勧められました

会社の希望通り退職しましたが

その時の気持ちと言ったら言い表せないくらい悲しかったんです

数年後別の会社に就職しましたが

子どもの病気などで欠勤すると

やっぱり心無いことを言われたんですね

あーもうどこで働いても一緒なんだな

子どもがいる女性は働けないのか

なんてものすごーく社会にがっかりしていました

しかし最近では

マタハラやパタハラという言葉が浸透し

私のころとは環境が変わってきているようですが

それでもやはり

そういう言葉がなくならずに存在してしまっているんですね

従業員は戦力だから


会社としては従業員として雇っている以上

どんどん仕事をしてほしいわけですよ

潤沢に人員が居て

欠勤者が出ても平気平気♪

という会社はこの不景気の時代珍しいのではないでしょうか

多くの企業はなるべく人件費をかけずに

生産性をあげたいと思っているんでしょう

だから休まれると

生産性が落ちて会社は非常に困る!

同僚もその休んだ人の分の仕事が増えて困る!

しかしこちらとしては

熱があると保育園には預けられない

病児保育はいつも預けられるとは限らない

園や学校の行事がある

頼れる家族が近くにいるとは限らない

わけです

どんな病気も即効で治る薬が開発されない限り

園や学校の行事ごとがなくならない限り

永遠に続くことですよね

肩身が狭いワーママたち


私たちだって

堂々と休んでいるわけじゃないんです!

そりゃー非常に申し訳ないと思っているし

日頃から子どもが病気しないように生活しているんです!

働かなければいい

なんてそんな問題ではないんですよね

国民の義務にあるように

私たちすべての国民は勤労の権利を持っていて

その義務を負っているんです

それを剥奪されてはいけないんです

しかしリアル社会では

会社に迷惑がかかるなら

そんなの関係ねぇ~

(ハイ、オッパッピー)

なんですよね

迷惑かけたいなんて

これっぽっちも思ってないのにね

ワーママにできること


そんな社会でも生きていかないといけない私たち

じゃあどうしたらいいの?ってとこですが

一番大事なのは

謙虚さ

だと思っています

プライドなんて捨ててしまいました(笑)

私は現在は別の会社に勤めていますが

もちろん子どもの病気で休むこともあります

学校行事で早退することもあります

休まないといけないことがわかっているから

日ごろからどんな人にでも

(しつこいセールスの電話にも!)

謙虚な態度で仕事をしています

余裕があるときは別の人の仕事を助けたり

早く出勤できる日は掃除をしたりと

休んだ時に同僚に負担をかけていることを

色んな形で恩返しをしながら働いています

さらにおススメなのが

自分の仕事を透明化しておくこと!

誰が見てもわかるように

日ごろから整理をしてまとめておくと

もし休んで引き継ぐことがあっても

スムーズに運びます

子どもがいる以上

休んでしまうのは仕方がないと割り切りましょう!

間違ってはいけないのは

割り切ることと

当然の権利だと振りかざすことは違うという事です

休むことは仕方がないという事を前提として

その中で休んだことの影響が

最小限に食い止められるように

日ごろからしておくと周りの人も助かります

負けるなワーママ!


2015年の統計によると

18歳以下の子どもがいる約1,182万世帯の

約68.1%の母親が仕事をしているそうです

全国に仲間が800万人くらいいるんです!

その中にあなたと同じ悩みを抱えている人も

たくさんいるはずです!

おそらくこれから働くお母さんの数は

もっと増えていくと思います

マタハラやパタハラを含む育児ハラスメントという言葉が

過去の言葉となり

育児ハラスメントがなくなってほしいものですね

ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママや子育て中のママは家事に育児に仕事に大変。限られた時間の中で、いかに効率よくママ業を消化していくか。戦略が必要です。「忙しい」はNG...

Sponsored Links