子育て(育児)が辛い!逃げだしたいママ必見!もう大丈夫。その対策教えます!!

Pocket

我が子は宝物です。かわいくて仕方がないのですが

自分が思うように動けない。これが一番しんどい

すべてが子ども中心に動いていてやりたいことがやれないというストレスが

ちょっとずつちょっとずつ蓄積していくと

「もういやーー‼‼!」

ってなっちゃいますよねそれってあなたの心からの

SOSなんです心からのSOSを感じたら

ぜひコレを使ってみてください!

きっとまた笑って子どもと向き合えるはずですよ

SOSの先にあるもの


抱っこしてあやして寝たかな?と思って布団に置くと高性能背中スイッチがON!

添い寝してそばを離れようとしたらこれまた高性能人感センサーがON!

トイレのドア?そんなものありませんよね

開けて用を足すこともしばしば…むしろトイレにまでご一緒です

そんな毎日を過ごしているとどうしても煮詰まってしまいます

おそらく多くのママたちも感じてきたことで

それは責められるべきことでもなんでもありません

むしろ育児に真正面から向き合っているという

あなたのマジメな気持ちの表れなんですよ!

しかしその小さなストレスの蓄積は

いつしか「うつ」にまで発展してしまうことがあるんです

赤ちゃん1歳ママも1年生


妊娠期を経て出産に至り

大切な子どもを一生懸命育てている

それってとても素晴らしいこと!自信を持ってください!

赤ちゃんを産みそして育てているんです!

そりゃーなんでもかんでも完璧にはいかないですよ!

完璧になんていかないものなんです!

だって相手も1人の人間だから!

あなたに意思があるように

赤ちゃんにも一人前に意思があります

だからそれを泣いて訴えるんですね

そして小学校1年生が

微分積分なんてできないように(稀にできる子いるのかも)

ママ1年生はなんでもこなせるスーパーママには

いきなりなれるわけではありません

まずは今の自分を受け入れて褒めてみませんか?

離れてみて見えるもの


時には赤ちゃんとしばらく離れてみるのはいかがでしょう

ママと赤ちゃんは一緒に過ごす時間がどうしても長いので

この子と離れるなんて無理!

って思いがちですが

思い切ってパパや家族に見ててもらってはどうでしょうか

もしくはこれは私のおススメなのですが

一時保育などを利用すること

保育園がやっているところもありますし

養護施設に併設しているところもあります

ココに預けるおススメポイントは

  1. 保育のプロであること
  2. 赤ちゃんにもいい刺激になること

パパや家族に預けると

「勝手に色々食べさせてないかな?」

とか

「テレビ見せすぎてないかな?」

とか

「パパだけ昼寝してほったらかしにしてないかな?」

とか

いろいろ気になっちゃいますよね

しかし一時保育を実施しているところは

保育士が相手をしています

おやつもお昼寝もすべて管理されています

さらに!

他にも子どもたちがいる環境でママやパパ以外の大人と接することは

赤ちゃんにとってもすごく刺激的!

ぐんと成長してくるかもしれませんよ!

ママと離れてはじめは泣いてしまうかもしれませんが

しばらくすると慣れて遊びだすようですよ!

利用料金は施設によってさまざまです

1時間数百円からのところもあります

気になる施設に問い合わせをしてみて

一度見学に行ってから預けると

安心して預けられますね!

焦らず楽しく


あかちゃんはとにかく敏感です

ママの心を見透かしているように

ママの不安を感じ取ってしまいます

お互いが不安の中で生活をして

ストレスが溜まってしまうようでは

ちっとも楽しくありませんよね!

もう逃げ出したい!と感じたら

ぜひ一時保育を利用してみてください

罪悪感なんて感じる必要はありません

だって預かるためにある施設ですから!

リフレッシュしてお迎えに行くと

また一段と赤ちゃんを大事にしてあげることができますよ!

過去に一時保育の体験記も書いてます。参考にどうぞ!

初めての一時保育体験記!子供を預けたら驚くほどイライラが減った件
初めての一時保育体験記!子供を預けたら驚くほどイライラが減った件
最近ではママのリフレッシュタイムの確保や 保育所に入れない子供を預かるといった目的で 「一時保育」 を実施してる自治体や保育所が増...

スポンサードリンク



Pocket