育児ノイローゼ!薬の投与やカウンセリングなしで治療する方法とは?

授乳に抱っこにおむつ替え

2人目3人目のママは上の子の育児に

溜まり続ける家事

産後のお母さんは、日々休まることのできない身体と心の疲れにより大きなストレスを感じてしまいますよね。

なんか最近子どもと過ごす時間が辛い…

イライラして子どもに八つ当たりしてしまう…

こんな風に思ってしまい

やっぱり私ってダメな母親だわ…

そう落ち込んでしまったことはありませんか?

私はこのような状況になり
育児ノイローゼになったことがあります。

何をしても消極的になり、やる気がまったく出なく
家から出るのも嫌になるほどでした。

でもあることを知ったおかげで
気持ちが明るくなり
子どもとの時間がとっても楽しめるようになったのです。

今回は育児ノイローゼになった私が
育児ノイローゼを克服できた治療法について
ご紹介していきたいと思います。

ちなみにここでご紹介するのは

家で簡単に出来る簡単なこと。

もちろん無料でできることです!

気になったあなた

ぜひチェックしてみてくださいね

『育児ノイローゼの治療には薬?カウンセリング?』

子どもとの時間が楽しめない…

そう自分で自分を苦しめていた日々

この状況を何とでも克服したいと
私は必死にいろいろと調べてみました。

すると育児ノイローゼの治療には、
薬の投与と、診療科などでのカウンセリングは必要とのこと。

・そうかぁ、睡眠薬にカウンセリングかぁ…

・なんか精神病みたいだな。

・でもちゃんと治療法があるんだ。

そう治療法があるとホッとした反面、

えっ?でも私ってそんなに病んでる?

実はこれが私が正直に思った感想です。

もちろん育児ノイローゼを克服したいとは思っているけど、そこまで本格的に治療する勇気はない。そんな感じでした。

『支援センターからもらったある本がきっかけに』

そんなある日、

子どもの6カ月検診で支援センターを訪れた際に
「子育て応援ブック」というミニ冊子を見つけました。

何ともなしに読んでみると

子育ての不安や悩みに答えてくれるようなヒントがたくさん詰まっていたんです。

その中で心にズキン!と突き刺さるようなことが書かれていました。

それは

物事を明るく前向きに考えることができる「セロトニン」というホルモンは、生後5年間で基本が作られるということ。

つまり、子どもは5歳までの間に明るく健康的な社会生活を送るために必要なセロトニンというホルモンが作られる。

そんなセロトニン神経を育てるためには、親がポジティブでいないと子どもに伝わらないということでした。

これを見てもう私ハッとしたんです。

子どもにまで私のマイナス思考が伝染してしまったらどうしよう…

だめだ、私セロトニン育てないと!!!

そこから私のセロトニン分泌作戦は始まりました。

『①セロトニンを増やす食べ物とは?』

「医食同源」という言葉がある通り

食べることって人間の身体にとても大事なんですよね。

疲れているとそんな大事なことも忘れてしまうし
偏食的になりがちになってしまいます。

でもこのままではダメだ!

そう思い今までの食生活を見直すべくいろいろと調べてみました。

するとセロトニンの分泌を増やすためには

・トリプトファン

・炭水化物

・ビタミンB6

を摂るのが効果的!という情報をネットよりゲットしたんです。

ふむふむ…

一応調理師の免許を持つ私はすぐに献立を組み立てました。

それがこんなメニューです。

・朝食→温玉のせ納豆ご飯(トリプトファンが摂れる)

・おやつ→バナナ・バナナケーキ

・昼ご飯→前日の夕飯の残りかうどん(炭水化物)

・夜ご飯→魚料理と肉料理をバランスよく。

基本和食です。

そして3食しっかり摂取することを大事にしました。

なるべく間食をやめることで、毎日同じような時間にちゃんとお腹が空くようになり、自分でも健康的な生活だな…そう感じることができてきたんです。

『適度に運動する』

適度に運動って言っても、

子育てしてるだけで毎日運動だよー!!!

ぶーぶー!

そう思うあなた、気持ちよくわかります!

でもセロトニンを増やすためには、

ただ運動するのではなく、

ある時間帯に運動することが大事なんです!

調べてみて分かったのですが
実は太陽光にはセロトニンの分泌を増やす働きがあるそうなんです!

つまり、朝の30分だけ早起きして子どもとお散歩!

これだけでセロトニンが体内で分泌されるんです。

私は上の子もいるので

毎日は無理だな…そう諦めて日曜日だけ子どもとの朝の散歩を日課にしました。

今では習慣化していますが、これ本当に気持ちいいです!

お散歩中は子どももご機嫌だし、

朝は清々しくて気持ちよいし、何といっても朝から良い気分!

騙されてみたと思って一度やってみてはいかがですか?

『よく寝ること』

育児ノイローゼに陥っていたころの私は

不眠症状にも悩まされていました。

はじめは子どもがいつ泣き出すか心配で寝られなくなり、

次は寝られないことがストレスになりました。
これが原因で目が冴えて眠れなくなるという悪循環。

もう本当に最悪でした。

なので調べてみました。

それで分かったのですが
実はセロトニンを増やすのに最も効果的なのが睡眠なんです。

これを克服するのは私の最大課題でした。

実は今でも少しでもストレスが溜まると、

眠れなくなるので今も悩んでいます

そんな私がどうしても眠れないとき
試してみて一番効果的なのが、

呼吸法です。

具体的に言うと

大きく腹式呼吸をするんです。

鼻から大きく息を吸い
お腹を膨らます。

そしてゆっくりと息を吐き
お腹をへこます。

ゆっくりと10回ぐらい行うと

私は肩の力が抜けて眠りやすくなりました。

嘘でしょ?

始めはそう思うでしょうが
気長に続けてみてはいかがですか?

『まとめ』

いかがでしたか?

育児ノイローゼの治療法には

ストレスの根本を軽減して前向きに物事をとらえることができるホルモン「セロトニン」を増やすことが効果的だということをご紹介してきました。

セロトニンを増やすには、

よく寝て・しっかり食べて・運動する

以上の3つを意識してみてくださいね。

実はこのセロトニンの別名は「幸せホルモン」

幸せホルモンが溢れていれば、子育ても楽しく過ごせそうな感じがしますよね?

育児ノイローゼになると子育てが楽しくない・・・そう悩みマイナス思考になりがち。

でもこう思うのって誰しもあることなんです!だからあなたも大丈夫!

毎日の生活を少しだけ規則正しいリズムをつけることであなたの気分もきっと変わるはず!

あなたの子育てがセロトニン溢れる幸せライフになりますように!

ここまで紹介したセロトニンはサプリメントで効率よく摂取することが出来ます!

詳しくは別の記事で書いていますので下のリンクからどうぞ

もう夜が怖くない!薬に頼らずたった7日で不眠症が治った方法をご紹介!
もう夜が怖くない!薬に頼らずたった7日で不眠症が治った方法をご紹介!
こんにちは!LINです! 今日は以前私が育児ノイローゼになってしまった時 どのような方法で完治することができたのかをお伝えします! ...

Sponsored Links