体験者がマジで語る!!育児ノイローゼの治し方とは

育児ノイローゼ、

この言葉を聞くだけで気持ちがどよーんと暗くなりますよね。

「育児なんて辛くて汚いだけ!」って思ってしまえば

「はぁ私って本当にだめな母親だ…」

と自分を追いつめどんどん育児ノイローゼの穴にはまっていってる感じ。

そう、まさにアリ地獄のような状態だったのが4年前の私です。

今回は私の体験談を踏まえて育児ノイローゼの治し方をご紹介していきたいと思います。

『何がつらいか分からない、それが悲しい日々…』

私は長男が生後1歳ぐらいまでの間、育児ノイローゼに陥っていました。

でも「私、育児ノイローゼだったんだ」って気付いたのって実は生後10カ月の検診のとき。

それまでは「なんか私暗くなったかも(人とあまり関わってないせいかな…)」ぐらいに思っていたんですよ。

きっかけはある1枚のアンケートでした。

検診の1カ月前に役所からアンケートが届くんですよ。

検診の日までにアンケートに答えて持ってきてくださいねってやつ。

そこには

・育児は楽しいですか?

・育児は疲れますか?

・相談相手はいますか?

・相談相手は誰ですか?

というような項目に

はい・どちらともいえない・いいえ

のどれかにマルをつけるようになっているんです。

で、そのアンケートを答えるにあたって

「は?育児?大変ですけどー!!!!!(怒)」

「毎日めっちゃ疲れてますけど、なにか?!!!(激怒)」

ってキレまして。

だってそうですよね?

毎日こっちは必死に子どもと向き合っているんですから、つらいし大変だし疲れますっ!

楽しみはあるけど、毎日ハッピーじゃないし。そんなこと言ってらんないんですっ!

みたいな。

で、

少し冷静になってどうして私が激怒して(`´)プンプン!ってなっちゃったか落ち着いて考えてみたんです。

そうしたら、それまで単刀直入に「育児楽しいですか?」なんて聞かれたこともない私は「育児は楽しくないといけない」と思い込んでいたことになんとなく気付いたんです。

「子どもはかわいい。赤ちゃんは癒しだ。子育ては最高。」

こんな理想の子育て論に自分をうまく当てはめようとしていたけど、実際は、

・泣き止まないとイライラするし

・夜にぐっすり寝られないのがつらいし

・家事も全然思い通りに行かないし

・旦那も仕事で忙しく手伝ってくれないし

ってもうグチばっかり!

まだまだ、まだまだこんなグチたくさん出てきますよ(笑)

つまり無意識に理想の育児の型に自分を照らし合わせ、理想のギャップと違う自分に知らぬ間に苛立ち、育児が楽しめなくなっていたんです。

子育てに成功なんてないのに。

私は私なのに。

これに気が付いたとき、

「はぁ、今まで悩んでいたのってなんやったん?」ってフッと心の重荷が取れた感じがしたのを今でも鮮明に覚えています。

『朝と夜に自分だけの時間を持ってみよう』

では具体的に自分が何をしていったかを次はご紹介していきたいと思います。

まずは、一人の時間を作ることです。

朝なら、みんなより30分でも1時間でも早起きして好きな事をする時間を作ります。

「夜泣きもあって全然寝れてないんだから、朝ぐらいゆっくり寝ていたい…」

そう思っちゃいますよね?(笑)

私もまさにそうでした。

でも朝って、ただでさえ忙しい時間帯なのに子どもが一人いるだけで、さらに忙しくなりますよね?

私は寝坊した日は朝からめちゃくちゃ!

もう朝からぐったり疲れてしまい残りの一日の元気も残っていない感じになります。

でも、少しでも早起きすれば、落ち着いて準備ができるので何が起きても少し余裕をもって対応することができるんです。

この効果は本当に大きい!

さらに夜は疲れて子どもを寝かしつけしている間に自分も一緒に寝たくなりますよね?

でも一緒に寝るのは気持ちいいけど、気分の切り替えができないんですよ。

翌朝になっても、寝ているのにすっきりしない。つまり心の回復ができていないんです。

これを改善するためにおすすめなのが、夜活なんです。

寝たいのをグッと我慢して、

・1人でゆっくりお風呂に入ったり

・好きなテレビをみたり

・録画していたドラマを見るなど

好きな時間を作るんです。

それだけでかなり気分転換になります。

つかの間、ママから解放される。

本当にこの時間は大切だと思います。

『あえての既読スルーでも構わないよ』

くだらないことだけど

日々の子育てをしていると誰かに「聞いてもらいたい!!!」ってグチありますよね?

これを溜めておいちゃうと、

いつか爆発して、自分だけじゃなく子供まで巻き込んで大惨事になってしまうこともあるかもしれません。

それぐらい、どこかで気持ちをスッキリと吐き出す行為って大切なんです。

実は育児ノイローゼで悩んでいた私に昔からの友人が送ってくれたこんなラインが、弱っていた私の心に元気をくれました。

ご紹介しますね。

「あえての既読スルーでも良いから、お互いグチをラインで言い合おうね!」

昔からの友人も3人の子育てをするママ。

毎日私よりも大変そうなのに、電話ではいつも明るくて私まで元気になるんです。

そんな彼女、実は彼女の友だちから同じラインをもらい、”あえての既読スルー”を実践していたそうです。

くだらないことで忘れちゃうけど、「聞いてもらいたい!」って時に言うだけで

・「スッキリする!」

・「忙しいだろうから返信はいつでも構わないよ」

って言ってくれて。

まずはなんかその優しさがすごく嬉しかったんですよ。

あとは「あ、なんでも言っても良いんだ」

っていう安心感がありました。

それからというもの、

私たちほぼ5割”既読スルー”のラインですけど(笑)

お互いそれを承知して

毎日ガンガンラインで愚痴って

ストレス発散しています(笑)

『いつでも実家に帰ればいいよ』

さて、今回は育児ノイローゼの治し方についてご紹介してきました。

大事なポイントは3つです。

「理想の育児は理想と割り切ること」

「一人の時間を作り心のリセットすること」

「くだらないことでも愚痴ること」

どれもすぐにできる簡単なことなのですぐに実践してみてくださいね。

それでも

「やっぱり私無理…」

そんな方は迷うことなく実家に帰りましょう

じーじ、ばーばに子どもを任せ、

掃除も洗濯もご飯作りからも解放されて、

久しぶりにゆっくり羽を伸ばします。

私は実家から遠いところに住んでいますが

年に4回は子ども連れて里帰りしていますよ。

ママにも休みが必要ですよ。

やってらんないですよ!(笑)

1日何にもしない日も絶対に必要だと思います。

育児ノイローゼになって子どもとの生活が楽しめなくなるより、

“自分を少し甘やかしてでも自分がいかに楽しんでいられるか”

これを大事にしてみてくださいね。

きっとあなたも今しかない子どもの成長を心から楽しめる日が来るはずです。

スポンサーリンク







スポンサーリンク