育児ノイローゼは夫の協力次第!?子育てルールで目指せ夫婦円満

Pocket

育児ノイローゼって

実は夫婦間がうまくいっていないことが原因のひとつでもあるって

知っていましたか?

私も娘を出産後

仕事でほとんど家にいない夫との関係がうまくいかず

育児を一人で頑張っていると孤独を感じたことがありました

そんな時に役に立ったのが夫婦間での子育てルール

お陰で育児ノイローゼからも復活し

さらにこれがきっかけとなり夫婦円満を取り戻すことができました

妻が育児ノイローゼかもしれない!

どうこのピンチを切り抜ければいいのか分からないと悩んでいるあなたに

我が家の子育てルールをご紹介します

そもそも育児ノイローゼの原因は?

完璧主義・頼ることが下手・何でも一人でやろうとしてしまうなど

もともとの性格も育児ノイローゼの原因ではありますが

一番の原因は周りのサポートがないことです

育児って実は孤独との戦いでもあります

実家が遠い

ママ友がいない

夫の帰りが遅い

休日でも夫の協力が得られない

などなど

育児で分からないことや発散したいことがたくさんあるのに

その相手がいない

頼れない・甘えられない・完璧にしなきゃと思うあまりに

結果一人で黙々と頑張りすぎてしまうんです

こういった状況がママを孤独へと追いやり

育児ノイローゼを加速させてしまうんですね!

つまりご主人!あなたの協力しだいで

奥様の育児ノイローゼは驚く程改善する可能性を秘めています

我が家に子育てルールができた経緯

我が夫は残業あり夜勤あり出張ありの過酷な勤務形態で

終電で帰って来るならまだましで

泊まりになることもあります

そんな激務の夫に

育児は私がやらなければと遠慮してしまい

気付けば一人で頑張りすぎてしまっていました

そして夫との疎遠状態が続くうち

いつの間にか「どうせ夫は育児に興味が無いんだ」と

勝手に自分は孤立しているという錯覚に陥り

夫は味方じゃないと思うようになっていたんです

外出して他に助けを求める気力さえなかったので

身体も心もボロボロの状態にまで追い込まれ

今思えばあれは育児ノイローゼだったと思います

そんな私に危機感を感じた夫が

何とかしなければと作ったのが子育てルールでした

「え?ルール?めんどくさ・・・」

はじめはあまり乗り気ではなかったのですが

これが予想以上に

私と夫の距離を縮めるために活躍してくれました

我が家の子育てルール

その1.忙しくても毎日夫婦の会話を持つこと

激務の夫を持つ我が家は

気がつけば1週間まともに会話していない・・・なんてこともあり

お互いが何を考え

私もどれだけ育児を頑張っているのか伝える機会がなかったんです

自分が追い詰められていることを発信する場がないと

育児ノイローゼはますます悪化していきます

辛さを分かち合うためにも

夫婦のコミュニケーションは必要だと

毎日少しでいいから会話を持つよう心がけるようにしました

我が家のように平日ほとんど会えないのであれば

メールやラインでもいいんです

 今日の○○ちゃん(娘)はこんなに可愛かった。今日も公園に行って遊んできたよ! 
 
 

などよく写真付きで送っています

時には

 今日も○○ちゃん(娘)はイヤイヤするからイライラした! 
 
 

など愚痴も書いたりしてます

それに対し夫は

旦那さん
 ご苦労であった。休日はせっしゃがお相手しよう

など

ひとことだけでも返信してくれるので

もやもやが少し晴れたような気分になり

「私ひとりじゃないんだ~」と孤独から解放された気持ちになれます

奥様を孤独から救ってあげること

それが出来るのは一番近くにいるご主人だけです

そのためにも

夫婦間でのコミュニケーションを大事にしましょう

その2.ありがとうの気持ちを言葉で伝える

「ありがとう」って言葉伝えていますか?

反対に奥様から

「いつもお仕事お疲れ様」って言ってもらえていますか?

我が家は全く

感謝の気持ちを伝えることができていなかったんです

私は夫に「休みの日くらい育児に参加するのは当たり前」だと思っていたので

休日子どもと遊ぶ夫にも知らん振りだったし

夫は私に「育児は妻の仕事だ」みたいに思っているところがあったので

ちょっと家事をしただけで”手伝ってやった感満載”の態度でした

そんな夫に対して当然私はイライラしますます感謝なんてしなくなる

悪循環でしたね

そんな夫がたまたま娘と二人だけで過ごす休日があったのですが

イヤイヤ期真っ只中の娘に夫は悪戦苦闘

帰宅した私に夫は

「いつもこんなに大変なことやってるの?ありがとね」って

言ってくれたんです

どうせいつもの「やってあげた感」を出されるだろうと覚悟していたのに

思わぬ感謝の言葉に

「やっと認められた!!」ととてもうれしくなりました

感謝の言葉って付き合いの長い夫婦だからって

“言わなくても伝わる”わけじゃないんですよね

それからは

娘と遊んでくれたり家事をしてくれたら

その都度「ありがとね」と意識して伝えるよう心がけています

夫は言いづらいときもあるようで

「ありがちょんまげ」と侍のスタンプと共にラインで送ってきたりしています

 Thank You! 

感謝の気持ちを伝えるだけで

自分のしていることを認めてもらえている気がするし

なかなかほめてもらう機会のない育児を肯定してもらえることって

育児に悩むママにとってとても大事なことなんです

「ありがとう」の言葉のパワーってすごいですね

その3.一人の時間を確保するため全力を尽くす

育児ノイローゼに一番必要なのは

子供と離れてほっと一息つける時間を作ること

奥様は一人の時間を持てていますか?

私は忙しくて疲れている夫に遠慮してしまう気持ちや

いつも一緒にいない夫に子供を預けるのが不安という気持ちもあり

一人になれる時間を作ろうともしていませんでした

周りに甘えて頼ることができていれば

一人孤独を感じ頑張りすぎることもなかったはずなのに

結局自分からその機会を遠ざけてしまっていたんですよね

でもある日夫が

「美容院ぐらい行けば?その間公園に連れて行くよ」と言ってくれたんです

さすがに行かないとヤバイほどの髪型に進化していたか・・・と思い

娘を夫に託し美容院へ

久しぶりに娘と離れてみて

「何これ楽しい!!!」

娘と離れていることは少し淋しいけど

周りから”お母さん”じゃなくて

“一人の女性”として見られていることがなんだか嬉しくて

「私なんでイライラしてたんだっけ!?」と

子育てにも前向きになれたんです

後から聞くと美容院に行けというのは

娘と離すためのただの口実で

何とかして私を外に出そうと夫も悩んでくれていたようなんです

それからは夫と協力し

一人の時間を持つために全力を尽くそうと決めました

私は夫が趣味の映画を見に行っても文句を言わない!

夫は私がひとりでショッピングに行けるよう

娘と二人だけの休日を過ごせるよう育児や家事を覚える!

娘がある程度大きくなってからは

夫婦二人で映画に行くようにもなり

以前よりお互いのことを思いやれるようにもなりました

まとめ

子育ては夫婦で楽しむもの!!

それが我が家の子育てルールの最大のポイントです

妻が育児ノイローゼになったからといって

ご主人がひとりで頑張る必要はありません!

夫婦二人で今の生活を見直していかないと

これからのなが~い子育て人生は

乗り越えていけないと思うからです

子育てルールはきっと

お互いが日々の生活の中で忘れている

思いやりや支え合いの心を

あなたたち夫婦にもたらしてくれるはずです!

超簡単‼︎1日一回で育児ストレスを劇的に減らす方法とは?
超簡単‼︎1日一回で育児ストレスを劇的に減らす方法とは?
こんにちは!今日は私が実際に 産後うつと 育児ノイローゼを どのように完治できたかをお伝えします! 産後うつや育児ノイローゼについて...

スポンサードリンク



Pocket