育児ノイローゼで離婚って後悔しない?今からできる対策をまとめてみた

もういや!こんな旦那と生きてくなんて無理!

こう思いほんの少しでも

離婚を考えたことありませんか?

 

その原因はもしかしたら育児ノイローゼかもしれません

 

不安と孤独を抱えて過ごす子育ての日々。

休まる暇もないし泣きそうになりますよね。

 

そんな生活の中でさらにあなたを苦しめるもの。

それが旦那との関係ではないですか?

 

実際に育児ノイローゼが原因で離婚を決意する人は少なくないのです。

 

私は長男が4カ月の時あることがきっかけとなって、

実家へ4週間家出をしました。

 

チャイルドシートに小さな子どもを乗せて500kmもの長い道のりを

泣きながら運転しました。もう辛かったし本当に悲しかった。

 

でもあのとき距離を置いたおかげで今まで見えなかったものが見えてきました。

心がパッと晴れましたよ!

 

今回は育児ノイローゼが離婚の原因になってしまうケースの詳細と

離婚して家族が不幸にならない為の対策

最後に私がプチ家出をして離婚を回避できた理由をご紹介していきたいと思います。

 

目次

そもそも育児ノイローゼってどんな人がなるの?

育児ノイローゼは一般的に育児の協力が得られない、頼れる人が近くにいない

核家族の家庭のママに最も多い症状だと言われています

さらに夫の仕事が激務で帰ってくるのが遅く、夫婦の会話ができないことで

よりその症状は悪化してしまいます。

言葉の喋れない赤ちゃんと2人きりでは会話はおろかストレスの捌け口が全くありません。

私も以前は気づけば1ヶ月も電話以外で話したことがないと気付いた時があります!

そんな生活を何か月も続けていると自分に余裕がなくなって

立派な『育児ノイローゼ』の完成です

こうなると厄介です。家事も手につかないどころか

自分の子供に手を上げてしまったり、暴言を吐いてしまったり

さらにはこの育児ノイローゼが原因で自分の子供を殺してしまう親もいます

当然、どんな理由があろうと自分の子供を殺してしまうことは

あってはならないことだし、そのニュースを見ただけでも普通の人なら心が痛んだり

怒りを覚えたりするはずです。

だけど、育児ノイローゼは精神病です。

今はありえないと思っていても、育児ノイローゼになる前に!

その対策をしておくべきなんです!

なぜなら、あるアンケートでは

自分が育児ノイローゼかも?と思ったことがある人は全体の49%

子供を叱りすぎたり叩いてしまって後悔したことがある経験がある人は70%

こんな結果が出ているのです。

出産前のキラキラした子育て生活と現実とのギャップに

こんなはずじゃなかったと苛立ちを感じたことはきっと誰にでもあるはずです

もちろん、私はめっちゃイライラしまくっていましたw

実際に育児ノイローゼで離婚に発展するケース(妻側の主張)

実際に育児ノイローゼが原因で離婚に至るケースを見ていきましょう

まずは妻側の主張からです

その1.夫が育児に協力してくれない

夫が育児をすべて妻に任せきりで妻が一人で育児を抱え込まないといけなくなるケースです

このケースの男性には特徴があって、大体『育児は女の仕事だろ』が口癖です

昭和か!!

ってつっこみたくなりますよね・・・

どうせ手伝ってくれないなら、結婚していても一人でも変わらないと思ってしまいますよね

それに、この手の男性は休日になると家でゴロゴロするだけだったり

一日中自分の好きなことをやって感謝の言葉一つも言わない。

2人の子供のはずなのになんで私ばっかり負担が大きいんだろう?

こうやって不公平さを感じてしまいますよね!

その2.家事を全て妻に押し付ける

これも上に同じく、『家事は女の仕事だろ?』って言う人種です

この手の人たちは家事も育児も全て女の仕事だと決めつけて何もやりません

『ちがうわ!!!』

書いている私も何だかムカついてしまいます

その3.夫婦の会話がない

これは物凄く多いみたいです。

激務で夜中に帰ってくる夫を待っている程体力残っていませんもの!

ママにとっては少しでも時間があるなら赤ちゃんが泣く前に1分でも長く眠っていたい。

こうした擦れ違いから、夫婦のコミュニケーションは無くなり

結果、離婚に発展してしまうケースが実際にあるようです

の4.育児ノイローゼによるうつ病を発症してしまった

産後ママの体には様々な変化が起こります

具体的にはホルモンバランスの変化や乱れ。毎日3時間毎の授乳による寝不足

これらが原因となってうつ病を発症してしまうんです

うつ病はその原因となるものを一刻も早く取り除かないといけないと言われています。

例えば仕事が原因のうつ病なら仕事を辞めれば原因を取り除くことができます

しかし育児ノイローゼは別です。子供と母親が離れるわけにはいかないんです。

このことからも、育児ノイローゼが原因となるうつ病には

家族の協力や理解が絶対に必要なんですが現実それが夫に理解してもらえず

離婚に至ったケースです。まさにどん底状態ですよね・・・

その5.夫が子供を虐待する

これは問題外ですね。子供に手をあげる神経が私にはわかりません。

もしも子供に暴力をふるう事実があるのなら有無を言わさず離婚するべきです。

それと子供に対して言うような言葉じゃないことを言う人。

ひどい言葉を子供に言うのも立派な暴力です。

子供の心の傷は大人になってもずっと残ります。

子供を守るためにも、このような男とは即離婚です

その6.いいとこ取りな夫に腹が立つ

子供が普段からずっと一緒にいるガミガミ怒る母親に懐かず

たまにしかいない優しい父親に懐くのに腹が立つというもの

『私はこんなに一生懸命子育てしてるのに!!!』

こんな感じで不満が溜まっていき、最終的には離婚に至ってしまうようです

自分だけ悪者にされてるようで孤独を感じてしまうママもいます。

離婚に至るケース(夫側の主張)

今度は逆に夫側の主張です。

一度冷静になって、あなたにも当てはまる所はないか見てみるといいかもしれません

その1.何かにつけて文句ばかりを言う

育児や家事が大変だろうと気を使って家事を手伝ったものの

それを見た妻から食器の洗い方に文句を言われたり

洗濯物のたたみ方に文句をつけられたり

子供のあやし方や抱っこの仕方、ミルクのあげ方にも文句を言う

こうやって何をやっても感謝されずに文句ばかり言われるのに疲れ果て

家を出て行ってしまったきり、そのまま離婚してしまうケースです。

冷静になって自分の身になって考えると

いくらやり方がダメだとしても、文句ばかり言われたらそりゃやる気無くなりますよね!

仕事で疲れ果てて帰った後に不機嫌な顔で『食器洗ってよ!!』なんて言われた日には

帰りたくなくなる気持ちも今ならなんとなくわかりますw

その2.母と子の絆が強すぎる

やはりママはずっと子供のお世話をする分、子供との絆は自然と強くなります

その絆が強すぎるがゆえに、父親として子供をあやしても泣きじゃくったり

無力さを感じてどうしていいか分からなくなるパパも多いようです。

実際に私の夫もそうでした。

下の子供はミルクアレルギーなので母乳しか飲めない子供でした

私がお風呂に入っている間、ひたすら泣く我が子をどうしていいか分からないと

途方に暮れていた時もありました。

そうなると、お互いの存在自体邪魔になってしまい

離婚に発展してしまうケースもあるようです

その3.夫の出張が多く妻が実家から帰ってこない

これも良くある問題で、夫が出張ばかりで全てを一人でやらないといけない妻は

実家を頼りにした場合、やっぱり自分の実家は居心地がいいので

そのまま帰ってこなくなったなんてこともあるみたいです。

これではほぼ独身と変わりません。結婚している意味もないので

そのまま離婚してしまうというケースです

その4.育児ノイローゼの妻に嫌気がさして不倫に走ってしまう

様々な要因で育児ノイローゼになってしまった妻と子供のお世話をする中で

自分の家に安らぎを感じることができなくなり

不倫に走ってしまうというケースですね。

これは妻としてもこんな大変な時に不倫なんて許せませんよね!

男性は家に安らぎを求めるものと言います

家に安らぎがないと気付いた男性は少しの誘惑でコロッと不倫してしまうようです

こうなると泥沼ですよね・・・。想像しただけでも辛いです。

育児ノイローゼでの離婚。法律的にはどうなのか?

ここまで育児ノイローゼがきっかけで離婚に至る様々なケースを見てきました

今度は、実際に離婚調停になった場合。

育児ノイローゼが原因で離婚することはできるのか?これを調べてみました

結論から言うと、法的には育児ノイローゼでの離婚は認められていません

現状では育児ノイローゼは精神病とは認められておらず

法的離婚原因としては認められていないようです

加えて、一般的に父親は仕事と育児の両立は難しいとされています

それに母性に比べて父性は育まれるのに時間がかかると言われています

つまり、社会的にはまだ育児は女の仕事。こういうことなんです。

なんだか腑に落ちないなー。なんて思います

しかし、暴力があったり、悪質な育児放棄がある場合は当然離婚は認められます

離婚しない為の育児ノイローゼ対策(妻側)

やはり子供の事を考えると、離婚はしないという決断の方が

良い場合は多いのではないでしょうか?

そこで子供の為にも今日からできる対策をまとめてみました

その1.自分1人だけの時間を持つ

子供と2人きりの生活に嫌気がさしているのなら、一度離れてみることをオススメします

家族の理解と協力を得て、独身の時のような自分だけの時間をもらいましょう!

夫や両親に頼るのが基本ですがどうしても家族の協力が得られないなら

ファミサポや一時保育

といった手段があることをご存知ですか?

罪悪感もあるとは思いますが、気分転換は大事です。

一時保育について詳しく知りたい方は私が初めて利用した時の体験記を書いてます

初めての一時保育を利用したら驚くほどイライラが減った話

その2.ママ友とおしゃべり

同じような悩みを持ったママ友とはきっと話が合うはずです。

普段の悩みや気になることも聞けて一石二鳥です

地方から出てきて周りにママ友なんていない!って方も大丈夫

以前に書いた記事で紹介してますのでそちらもどうぞ

『もう友達がいないと悩まない!子育て中ママ友とはここで出会える!』

その3.夫婦のコミュニケーションをしっかり取る

夫婦のコミュニケーションがないことにより

離婚に至ってしまったケースは冒頭で説明をしました。

そうならない為にも、コミュニケーションは絶対に大事な要素です

例えば夫から見たらものすごく家事や育児に協力していると自覚があっても

妻にとってはそうでもなかったり

妻がどれだけ育児が大変だと思っていても夫にはそれが理解できない

コミュニケーションがなければ当然のことなんです。

言わなくても分かるなんていくら夫婦でも通用しませんし

育児ノイローゼだからって夫に何をさせてもいいわけではありません

だからこそ、しっかりとコミュニケーションを取って

互いが互いを思いやる関係を築きましょう!

夫ができる育児ノイローゼ対策法

夫にも、もちろんできることはあります

例えば仕事の帰りが毎日遅くて妻が育児ノイローゼになった場合

職場に少しでも理解をしてもらってたまには早く帰るようにすることです

もちろん、毎日は無理だとしてもなるべく努力するだけでも

妻としては嬉しいですよね!

それに、たまには妻の愚痴や話を聞いてあげることも大事です。

せっかく結婚したんだから旦那には一番の味方でいてほしいし

おしゃべりもしたいですよね!

私が実際に離婚を回避した体験談

最後にあなたが後悔しない為にも、あなたと同じように

離婚を考えた私が最終的に離婚に至ることは無くなった体験談を書いていきます

①旦那と離れることで冷静になる


結婚する前からいつか会社員勤めを辞めて起業することが夢だった旦那。

 私がプチ家出を決意したのはそんな旦那の一言が原因でした。

 

「子どもがいなかったら、今ごろ起業していたなぁ」この一言です。

たったこの一言がどれだけ辛く悲しかったか。

 

子どもがいるから、自分の夢も叶えられないよ、ちっ!!

そう言っているように感じたんです。と同時に旦那に対して

ふざけんなーこらー!と強い怒りを感じました。

 

さらに頭に血が上り過ぎて、思考回路がオーバーヒート。

翌日には家を飛び出していました。もう勝手にして!そんな感じでした。

 

女は感情的な生き物です。それも産後すぐならなおさら!

女性ホルモンの影響で身体にも精神的にもストレスがかかりやすくなっているのです。

 

でもそんなの本人は解らないですよね?育児の積み重なった小さな不安

すべてがスムーズへ進まない焦り怒り

 そんなぐちゃぐちゃになった感情を自分でコントロール出来なくなっていました。

 

もう泣きたいけど泣けない感じ。いつも胸の中がムズムズして辛いんです

 

それで爆発!!!

 

でも旦那と離れてみて

やっと何となく気付くことが出来たのです

 

離れて1週間ほどはまだ心が荒れていました。ずっとイライラしていました。

 

心に変化が出たのは1週間を過ぎたころから

 あれ?私なんであんなに怒ったんだっけ・・・そこでやっと冷静になれたんです。

心がスーっとスッキリした感じです。それで解りました。

 

あの「今ごろ起業していたなぁ」の一言って旦那からの相談だったんですよね。

 

子どもができたから、慎重に人生設計していかないといけないね

という、親子3人になった今だから考えるべき課題の。気付いたときは涙が出そうでした。

 

旦那も一緒に悩もうとしてくれていた。

そう冷静になって相手を考えるきっかけとなれたのは、少しの離れる時間だったんです。

 解らないですよ?やってみないと。

 

②家事と育児から少し離れる


家にいると子どもとの生活に追われがちですよね?

何気ない友だちとの会話や自由に街を歩き回ることなんて

夢のまた夢のような生活。羨ましくて仕方がない。

 

でもプチ家出をしたあの3週間で私は思いっきりリフレッシュ出来ました!

本当に心から安らげました。

 

朝はお弁当を作らずゆっくりと。昼は近くのパン屋さんで幸せなブランチを。

夜は子どもを親に預けて居酒屋に。ね、最高ですよね?

 

近所の人から見れば、

子ども預けて遊びに行って・・・あの子離婚するのかしら・・・

そう思われていたのかもしれません。

 

でも気にしないんです。はいはい、そうですよーぐらいに受け流しました(笑)

 

せっかく実家にいるんだからやることやって帰ろう!

そう開き直ることにしたんです。そうしたらとても楽でした。

 

そうしているうちに、気付いたら自分らしさを取り戻していたんです。

おかえり、自分!そんな感じです。

 

つまりこれが育児ノイローゼを軽くしてくれたんです。

というか、ほとんどなくなりました。

 

子どもと遊んでいても、かわいいなぁ、ってほっこり出来るように。

育児ノイローゼには、リフレッシュ。

 

それも思う分だけやりきる!これが大切だと実感できたのは、

プチ家出をして親に久しぶりに甘えることが出来たからでした。

③旦那のことをまた好きになる


私たちは最初の1週間はほとんど会話が無かったものの、

それ以降はメールや電話での会話が増えてきました。

 

電話するのが楽しみでしたよ。子どもの成長の会話だけでなく

お互いの体調や好きな映画のことなど。

 

まるで恋愛期間中に戻ったように(笑)とても懐かしい感じが恥ずかしかったです。

本当に色々なことを話しました。・・・というより話せるようになりました。

 

それまではどこかで旦那に対する怒りがあったので、

素直に言葉にすることが出来なかったんです。

 

顔見るとイライラするので、会話どころじゃないんです。

 でも離れることで客観的に人として旦那を見れた。

やっぱり私この人好きだなって本当に恥ずかしいですが(笑)

 

本当にそう思えたんですよね。一度距離を置いて離れてみる時間。

これとても大切です。

 

近すぎると分からなくなってしまいます。生活のあらゆるストレスに負けてしまって。

だって朝から子ども言うこと聞かないんですもん。

 

そりゃイライラしますよね?でも子どもの成長を一緒に見守るパートナー。

 またあなた自身の生涯のパートナー。そう旦那に少しでも期待するなら

お互いに少し距離を置いてみませんか?

 

お互いに落ち着いて話せる状態になるまで。

そうしたら後はたくさん会話をしましょう

 

小さなことからでも大丈夫。育児中のストレス、

思いっきり旦那に話しましょうよ!

 たくさん話すことでまた信頼関係が修復されるはず。

 

普通、信じられる人にしか

悩みを打ち明けることって出来ませんよね?それがいつも近くにいる旦那なら本当に楽!

話すことでスッキリするんです。

 

離れてみてやっぱりお互いが大切な存在だと気付く。

そしてまた信じられるようになれたんです。

今は気付くことが出来てラッキー!そんな気分です。

まとめ

 

今回は、育児ノイローゼが原因で離婚に至るケースと

その対策法をまとめてみました!

育児ノイローゼの社会的な理解というのは女性にとってまだまだ不利な内容ですが

やはりもとは好きで結婚したパートナーとはできることなら離婚せずに

一緒にいたいですよね!もちろん子供の為にもそうです。

私のように、プチ家出をしてみるのも一つの手です。私の記事がきっかけで

あなたもあなたらしく、素敵な子育てライフが送ることができるようになれば

私もとっても嬉しいし絶対そうなってほしいな~って思います!

今日は何だかすごく長くなってしまいましたwそれではまた^^

Sponsored Links