痛くない出産はお金がかかる!?痛くない出産をお金をかけずに実現!

昔から出産は

痛いもの

として知られていますよね

私も3回出産しましたが

どれも痛くないことはなかったです

ただ

あることをしたおかげで

あまりお金をかけることなく

痛みを軽くすることができました!

その秘訣をご紹介します!

痛みのオンパレード!


男性には耐えられないと言われている

出産の痛みですが

もちろん女性も痛いのです

出産のときの痛みにはいくつかあって

まず生まれる前にある

前駆陣痛

(ある人とない人がいます)

生理痛のような痛みが

不規則にやってきます

そして陣痛

痛みの感じ方はそれぞれですが

ドリルで内臓をえぐられる痛み

とか

腰をダンプカーで轢かれる痛み

とか言われています

からの赤ちゃんが出てくるときの会陰の広がる痛み

直径10センチ前後の頭が出てくるんですから

痛くないわけがない

そして待望のご対面!

の後には

傷ついた会陰の痛み

後陣痛

おっぱいの張りの痛み

といった具合に

産んだらすべての痛みから解放されるわけではないんですね

まぁ正直なところ

出産を経て赤ちゃんに合えるのは

ものすごく楽しみですが

痛いのはつらいですよね

しかしこの痛みの中でも

痛みをなくしたり

軽くすることができるものがあるんです!

出産=痛い=怖い


私は無痛分娩はしませんでしたが

最近では割とメジャーになってきていますよね

私のように痛いってわかっているものを

敢えて痛みに挑戦するのも良し!

痛いってわかっていて

痛みを回避する方法もあるんだから

無痛分娩を選択するも良し!

しかし

できるだけ痛くない方法で産むというのは

実は母体にかかる負担も軽くなっているそうなんです

痛みがあるとどうしても

身体が緊張して固くなってしまって

余計に痛みを感じやすくなるのだとか

お産がますます辛いものになってしまいますよね

そこでぜひ私がおススメする

次の3つのことをやってみてください!

陣痛とサヨナラ


陣痛は痛いです

男の人なら気絶しちゃうっていうくらいですからね

それはそれは痛いものでしょう

しかしこの痛みを

軽くする方法があるんです!

無痛・和痛分娩を選択することもありますが

これは結構費用が掛かります

それは

痛みを受け入れること!

なんだか精神論のようですが

だまされたと思ってやってみてください

陣痛が痛いのは

赤ちゃんが外に出てくるのを助けるための痛みなんです

赤ちゃんは小さな体を

もっともっと小さくして

お母さんの身体から出てこようとしているんです

出てくるときはお母さんも痛いですが

赤ちゃんも骨をずらしたり圧迫されたりして

痛みを感じているんですね

それでも出てこようとする赤ちゃん

応援してあげましょうよ!

陣痛が来ているときは

赤ちゃんをサポートしてあげるとき!

確かに陣痛は痛いですが

気持ちを赤ちゃんに向けてあげると

いくらかは痛みが和らぐ(ような気がする)んですよ

私の場合ですが

陣痛が来たら細く長ーく口から息を吐いて

「赤ちゃんがんばれー」と心の中で唱えていました

息を長く吐くことで身体がリラックスするのだそうです

そうすると子宮口も開きやすく

さらに3500gの子をいきむことなく出産することができました

おかげで産後も元気で

立ち会ってくれた夫や子どもたちとも和気あいあいと過ごすことができました

会陰の痛みとサヨナラ


直径10センチと言ったら

結構な大きさです

それが出てくるんですよ

痛くないはずがない!

しかし実はこの痛みも

軽くすることができます

秘訣は

会陰マッサージ

です

開始する時期は医師に確認する必要がありますが

会陰部をオイルなどで毎日マッサージをすると

会陰部の伸びがよくなり

痛みが軽くなります

会陰部があまり伸びないと

切開をして出口を広げたり

裂けてしまったりすることがあります

切開したり裂けた後は

もちろん縫合がありますので

二重の苦しみになってしまうわけです

特に初めてのお産の場合は

どうしても伸びにくいので

会陰マッサージはぜひやってください!

私は1人目の時はそんなことをせずに切開しましたが

入院中は座ったり立ったり

トイレに行ったり

歩いたりすることさえ痛くて苦痛でした

常にドーナツクッションを抱えて移動していましたよ

その教訓を活かして

2人目の時は念入りにマッサージをしましたので

切開することも裂けることもなく

快適な入院生活を送ることができました

3人目の時はさすがに皮膚が伸びましたので

つるんとでてきましたよ

おっぱいの痛みとサヨナラ


赤ちゃんを産むと次はおっぱいが痛みます

母乳が作られ始め

乳腺が開通します

しかし乳首が詰まっていると

おっぱいは作られているのに

出ていくところがなく

どんどん溜まってしまいます

するとボールでもはいってるんじゃないの?

ってくらいカッチカチになってしまい

横になることすら辛くなってしまいます

そうならないためにも

おっぱいマッサージをぜひやってください!

私は3回ともおっぱいマッサージをせずに

辛い思いをしました

1人目2人目の時は

おっぱいが張るときの痛みだけでしたが

3人目の時は

乳首が詰まってしまってたので

乳首をマッサージしてもらって詰まりをとってもらいました

その時の痛みと言ったら

陣痛のほうがマシ!

と思ったほど!

侮るなかれ

おっぱいの痛み…

http://kosodate119.net/sango-1syuukan/

出産は痛いけれど


出産には痛みはつきものです

地球の人口約60億人が誕生しているのも

その数の痛みがあったからです

それだけの人が痛みと向き合い

乗り越えてきた結果が60億人という数になっているんです

しかしその痛みを

怖いものとしてネガティブにとらえてしまうと

余計に辛くなってしまいます

痛みを軽減する術を知っているかどうかで

これから迎えるお産もずいぶん変わってきますよ

新生児の子育ては悩みの連続!その訳は意外なあの理由だった!!
新生児の子育ては悩みの連続!その訳は意外なあの理由だった!!
やっと可愛い我が子を出産して 赤ちゃんの寝顔に 「私はあなたの為ならなんでも出来るわ」 なんて思ってた出産当日 でもいざ赤ちゃんと過ごし...

Sponsored Links