幼児のイヤイヤ期どーする?イヤイヤ期をママも一緒に乗り越えるコツとは?

「魔の2歳児」

という言葉、子供を育てるママは聞いた事があると思います。

魔の2歳児とは個人差はあると思いますが、

簡単に言うと2~3歳の時期に現れる、

食事も着替えも靴をはくのも寝るのも、なんでも全てがイヤイヤという時期の事です。

私も娘のイヤイヤ期を経験して本当に大変でした。

この時期の子供は怪獣とよく言われますが、私にとってはもう宇宙人のようでした(笑)

そんな宇宙人とどのよう接していけば良いのでしょうか?

イヤイヤ期はママのイライラ期

イヤイヤ期で何が一番大変かって、私はママのストレスとの闘いだと思います。

何をするにもイヤ!と言われ、ママだって怒鳴ったり、逃げ出したくなるんです。

でもそれが我が子だから逃げる事も出来ない

今後の成長など考えてどう対応していいか分からない

怒鳴りちらしてからの自己嫌悪と後悔

我が子を思うがゆえの感情がママにはとてつもないストレスになるんです。

またいくら可愛い我が子でも、相手は言葉を充分に理解できない宇宙人です。

一日中まともな会話が出来ず、思い通りに動かない子供の相手は想像以上のストレスですよね。

私も本当に想像以上のストレスで、

口から火を噴いたような顔で怒ってました。

しかしいつまでもイライラだって出来ないのがママです。

どうすればイヤイヤ期を乗り越えられるかと考える中で、見つけたちょっとしたコツをお伝えします。

ママ友との情報交換

普段子供相手でまともな会話が出来ないママにとってママ友と話す事は本当に良いストレス解消法です。

「こんなわがままはうちの子だけなの?私の育て方が悪いの?」

などと思い自信を無くしがちですが、みんな同じです。

ママ友と子供の事について話すと

「うちの子と同じだ。私だけじゃない」

と分かるのでママの気持ちが楽になりますよ。

すぐ褒める

褒めるのって結構難しいんですよね。

なので簡単な事をたくさん褒めるのをおすすめします。

何が出来た、上手にお歌が歌えたという事に目を向けるのではなくて

ママの話を聞けた、しっかり座ってられた、お友達にごめんねって言えた…

日常生活の普通の行動をいちいち褒めてあげるんです。

私も最初は違和感を感じてたのですが、慣れてくると褒めているママの方も楽しくなり、子供の自信にもつながると思います。

無視

少し冷たく感じるかもしれないですが、何を言っても泣き叫ぶ子供にずっと付き合うママも大変ですし、子供もそのうち

「なぜ自分が泣いているのか」

分からなくなってくるんです。

そんな時は少し一呼吸おいてみるのが大切だと思います。

ぬいぐるみの腹話術

これは結構効果的です。

子供が言う事を聞かない時、泣きわめいてる時にぬいぐるみを使って子供に話かけてみて下さい。

子供は単純なのですぐ笑顔になってぬいぐるみのとこによって来たりします。

お気に入りのキャラクターなどがいる時はそのぬいぐるみを用意しておくといいかもしれませんね。

ダメなものはダメ

福島県の会津地方に

「ならぬことはならぬ」という言葉があります。

「ダメなものはダメ」という意味です。

それぞれの家によってダメの基準は違うと思いますが、その決めた基準を守るのが大事だと思います。

我が家はおもちゃやお菓子は普段私一人の時買いません。

でもイヤイヤ期の子供と買い物に行くって本当に大変なんですよね。

100円のお菓子1つでおとなしく買い物できるなら買いたくなりますよね。

でも私は絶対買いませんでした。

それはパパがいない時はお菓子もおもちゃも買わないと決めており、

それが娘にとっての

「ならぬことはならぬ」だからです。

そのかいあってか最近では、これ欲しいとお菓子を持ってきても

「パパいないし、ダメだよ」

というとぶつぶつ言いながら戻すようになりましたよ(笑)

抱きしめてあげる、気持ちを伝える

たくさん怒ってしまってママも自己嫌悪…

そんな時は抱きしめるようにしました。

「ママはあなたの事が大好きだから怒るんだよ」

と子供に言葉で伝えるようにしました。

最近ではパパに怒られたりすると

「パパは私の事が好きだから怒るんだね~」

なんて言うようになりましたよ。

ママも子供も大切な時期

イヤイヤ期…辛いと思うママたくさんいると思いますが、

イヤイヤ期がある子供は順調に成長している証拠だそうです。

イヤイヤ期がない子供は幼児期に発散出来なかった感情が、思春期などに倍になって表れてくると言われています。

ママもイライラして本当に大変だと思います。

でもそれは子供が元気に成長している証拠。

ママも無理せず息抜きしながら育児をするのが子供にも大切だと思います。

最後の今すぐ出来そうな、こんな対処法も見つけたのでやってみて下さい

Sponsored Links