出産準備でいらない物はこれだ!プレママ必見!買ったら損する物!

赤ちゃんを迎えるための出産準備。

お店に行って悩みながら赤ちゃんの物を買うのって本当に楽しいですよね!

洋服やおもちゃなどたくさん買ってしまいそうですが

ちょっと待って下さい!!

子供が生まれたらお金だってかかるし、部屋の場所だってとるんです!

それ本当に必要ですか?

赤ちゃんを迎えるために最低限必要な物リストをあげてみました

ベビーベット

出産準備=ベビーベットと思っている方多いと思いますが、これたいして使いません(笑)

2~3時間毎の授乳でママもふらふら…

気付いたら同じ布団で寝てた。

なんてよくあることで、わざわざ立ってベビーベットに寝せるなんて退院して3日ぐらいです。

それに何といっても、場所を取ります!

唯一のメリットは荷物置きですね(笑)

ベビーバス

そもそもベビーバスを使用するのは最初の1カ月ぐらいで、その後は使用しません。

実はベビーバスは代用が可能で、

衣装ケースやたらい、また洗面台や台所でお湯をためて代用したというママもいますよ。

どーしても必要な時は、収納が楽な空気を入れるタイプのバスをおすすめしますよ!

  


マザーバック

気合を入れて高機能のマザーバックを買ったはいいものの、意外に機能性が悪かったりするんです。

使いたい機能は個人によってさまざま。

赤ちゃんのお世話に慣れてきたら、改めて選んでみるといいと思います。

ネットなどでは、たくさんの種類やメーカーが販売していたり

最近ではブランド品のマザーバックなどもあるので、検索してみるのも楽しいと思いますよ。

おくるみ

おくるみもわざわざ買う必要ないと思います。

それにネットとかで見ると結構高いんです。

これも充分代用出来る物があります。

夏なら大きめのバスタオル

冬ならブランケットで充分です。

おしゃぶり

赤ちゃん=おしゃぶりしている

というイメージありますよね。

でもおしゃぶりって意外としてない赤ちゃん多いですよ。

特に母乳で育つ子供は、おしゃぶりを吸わせてもベロで出して吸わないんです。

我が家も1人目の時おしゃぶりを買ったのですが、完全母乳だった事もあり、全く吸いませんでしたよ。

無理やり押さえつけて吸わせようともしましたが、全くダメでした。

帽子

新生児用の帽子、可愛いですが必要ないと思います。

新生児はほとんどお家の中にいるのでわざわざ帽子なんてかぶらなくても良いんです。

「冬場は寒いからお家でもかぶせたい」

と思うかもしれませんが、

冬場に赤ちゃんを温めすぎると

乳幼児突然死症候群のリスクが上がるといわれています。

また外出するようになってから帽子をかぶせたら

赤ちゃんが大きくなりすぎて、帽子が入らないなんて事もしばしば…

季節にもよりますが、赤ちゃんが大きくなってから買い足すので充分です。

50~60サイズの可愛い洋服

赤ちゃんの洋服って本当に可愛いですよね。

特に女の子なんて、ついつい買っちゃいたくなりますよね。

でも生まれたばかりの赤ちゃんは、先でも言いましたが、ほとんど寝てお家で過ごすので、ほぼ外出することはありません。

特に、50~60サイズの時は1~2か月で、やっとお出かけするという時は小さくなっていたり、季節が変わってしまいます。

またせっかく着てもミルク、おっぱいで汚してしまったり…

あと生まれたばかりの赤ちゃんは本当にお猿さんです。フリフリの洋服なんて似合わないんです(笑)

可愛い洋服は、外出が出来る月齢になってから買うのをおすすめします。

育児ノート

生まれる前に気合を入れて買ってみるも、

実際続くのは2~3カ月ではないでしょうか?

赤ちゃんのお世話で慢性睡眠不足のママにとって、やはりめんどくさいのと、書く暇があるなら睡眠をとりたいとなってしまいます。

私も育児ノートをネットで買いましたが、頑張って頑張って2か月でした。

レンタルを利用する

ベビーベットやベビーバスなど大きい物はネットや行政でレンタル出来る物があります。

短期間しか使用しない、使うか使わないか分からないという物については、レンタルを利用してみるといいかもしれませんね。

お金は早いうちから節約を

始めにも伝えましたが、子供が生まれると本当にお金がかかるんです。

保育園代、幼稚園代、オムツ代に洋服代

子供の成長は早く、洋服や靴はワンシーズンで着れなくなります。

また成長すれば、学費や部活や受験など

お金がかかるイベントが盛りだくさんです。

そんな将来に備えて早いうちから節約していく必要があると思います。

まとめ

ベビーベット

ベビーバス

マザーバック

おくるみ

おしゃぶり

帽子

50~60サイズの可愛い洋服

育児ノート

ママによっては、ここにあげた以外にもまだ買わなくて良い物があると思います。

逆に必要な物もあるかもしれません。

赤ちゃんもママもそれぞれ個性があり、育てやすい子、育てにくい子がいます。

出産前の準備も大切ですが、その赤ちゃんの個性に合わせて

生まれてから準備しても遅くないと思いますよ。

Sponsored Links