3人目が欲しいけど3人の子育てってどうなの!?3人兄弟のメリットとは?

スポンサーリンク


突然ですが子どもは何人ほしいですか?

あと一人3人目の子どもが欲しいけど…と迷っているあなた!素晴らしいと思います!!

だって3人目が欲しくて迷ってるんですよ!?

少子化少子化と言われている現代でもう表彰モノじゃなですか!

(子どもを持たない選択肢を否定しているわけではないです)

私も2人目がだいぶ手を離れどうしてもあと1人産みたくて

何年も悩みました。悩んだ結果3人目を持つことにしました

3人子どもがいるとデメリットもありますがメリットもいっぱい!

これからご紹介するメリットとデメリットを比較して

前向きに悩んでみませんか?これを見れば子供が3人いる家庭のメリットデメリットを

知ることが出来ます!今、3人目が欲しいけど悩んでいるというあなたは必見です!

3人目を悩むワケ

我が家は子どもが3人います

末の子が数か月前に生まれました
結婚した当初は2~3人いたら楽しいだろうなと漠然と考えていましたが

実際に子育てしてみると体力的な面からも金銭的な面からも2人が限界でした

3人目を躊躇する理由として

1.金銭的問題は避けて通れないところでしょう

一説によると

1人の子どもを大学まで(すべて国公立)行かせるとなると

2,000万円はかかると聞きます

2,000万×3人=6,000万!!

我が家は一般的なサラリーマン家庭で家のローンもあります

満足な教育を受けさせてあげられるか。お金で不自由させてしまわないか

など収支をシミュレーションしました

3人目を考えるに当たって、金銭面でやっぱり諦めるという人大半を占めます

勿論教育費は3倍にはなってしまいますが食費や高熱費については3倍まではいきません

さらに習い事や保育園などでも兄弟だと割引を受けられるなどもありますので

漠然とした不安だけでなくしっかりとシュミレーションすれば無理なく考えることが出来ます

しかしやはり3人も大学に行かせることを考えると金銭的不安は拭えきれません

私の場合、以前はパートタイマーなどで生計を立てていましたが

やはり労力の割にそこまで大きな金額を稼ぐことはできません。

今の時代、主婦でも自宅に居ながら自分で稼いでいける仕事は実は結構あります。

私もキュレ―ションサイトの記事作成からやり始め、今ではフリーランスと

アフィリエイトで月に30万程の金額は安定して稼ぐことが出来るようになりました

主婦でもできる在宅ワークについて詳しくは別の記事で書いてます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子育て主婦の在宅ワーク。騙されたくない!と可能性を狭めてませんか?
突然ですが、あなたは今経済的に不安がありますか? 子供が生まれたばかりで働きに出られなかったり ご主人の給料が下がったりボーナスがカ...

2.育児できるかという事も躊躇する理由の一つでしょう

現在2人いるところにあと一人乳児が増えます

私はフルタイムで仕事をしていますのでやれるのか!?

と夫に散々言われましたが実はこれもそれほどではありません。

実際に3人のお子さんがいるご家庭の意見を見てみましょう

引用元:発言小町(http://komachi.yomiuri.co.jp/)

三人いるということは、一番上の子は年子でない限り末っ子と年の差がありますよね。一番上の子が随分と末っ子の面倒を見てくれるようにもなります。

二人目を産んで感じた人もいるかと思いますが、1人目のように次の子は手がかかりません。三人目となると更に。例えばトイレトレーニングや箸を持つことも、上の子たちを見て末っ子は学んでくれます。

「三回も子育てやしつけをしなくちゃならないなんて…」そう思っているのなら、まったく違います。

3人目の子どもが誕生し、庭の新緑を眺めながら母乳をあげているとき、「あ~、人生もう思い残すことはないかも。」

と充実感で涙がボロボロこぼれてきました。目に入れても痛くないほど赤ちゃんが可愛く思え、まるで孫を甘やかすお祖母ちゃんにでもなった気分で、余裕を持って子育てができるようになったのです。

(それに、上の子どもたちに子守りやお風呂入れもしてもらるので、実際とってもラクなんですよ~)

最近、3人目を出産した友人も「赤ちゃんがとっても可愛いし、何だか自分自身もいろいろかえってやる気がでてきたわ~」なんて言っていました。

引用元:発言小町(http://komachi.yomiuri.co.jp/)

三人だとケンカしても誰かが仲裁したり、新たなケンカ相手になってたりして仲がこじれない感じです。
上の子達も聞き分け出来る年齢だったし、赤ちゃんの世話してても、二人でいるのでやきもちもそんなになかったです。
二人目育児が一番大変でしたー

このように、2人目の時ほど実際はそこまで大変ではないということが分かります

さらに子供が増えればママ友との交流も増えます。

保育園や定期健診などで出会うきっかけも増えていきますからね

さらにあるアメリカであった研究によると

子供が2人の場合、子供同士の関係が『主』と『従』という関係に自ずとなるそうですが

3人いた場合、『社会性』が育まれるというデータがあります

社会性が育まれるということは、この先の学校生活や人付き合いが上手くなります

喧嘩するだけでなく、仲裁することも覚えるのでお互いがお互いを成長させることができます

3.性別

これもネックになる場合がありますすでに同性の兄弟姉妹がいる場合

3人目も同じ性別だったらがっかりしないかなと思う人もいるそうです

我が家はすでに男の子が2人いました性別は本当に気にしていなくて

男の子3兄弟もかわいいし女の子が生まれてもいいなくらいの感じでした

スポンサーリンク

私の周りでも3人目はどうしても男の子が欲しいという人もいますしその逆もあります

実際我が家は男の子3人の兄弟です。

ワンパク盛りで家の中は常に賑やかでとっても楽しいですよ!

お兄ちゃん達2人も末っ子のことはかわいいらしく

よく面倒を見てくれてとっても助かっています!

3人いるといいことたくさん!


よく言われるのが3人って大変じゃないの?ということ

確かに生まれたばっかりの時はてんやわんやしましたね

だって今までの生活ががらりと変わったからです

けどよく考えてみると子どもが1人でも2人でも

そして3人でもやらなければならない家事の数は同じなんですよね

ちょっと量は増えるけどやることは同じなんです

兄弟が多いと気になるのは


兄弟喧嘩

我が家はまだ3人目が乳児ですのでケンカには加わっていませんが

上2人の様子を見ているとそこで社会性が育っているんだなぁと気が付きました

お友だちに好き勝手なことって言えないでしょう?

でも兄弟なら本気でぶつかり合えてる。そうやってぶつかり合って

身体の痛みや心の痛み助け合いや譲り合いを学んでいるようです

そこにあと一人加わるとさらに社会性が養われそうです

そして最大のメリットは思い出がたくさんできること!

運動会も3人分思い出も3人分

入園式も卒園式も何でもかんでも3人分

それぞれの子の成長を3人分見守れるのです

共有する思い出が多くて思い出話をみんなでするのが楽しいのです

大変な事は3倍にはなりませんが、思い出や楽しいことは

3倍!いやそれ以上かもしれません。

案ずるより産むが易し


本当に昔の人はよく言ったものですね

私は3人目が欲しいと考え始めてから3年ほど悩んでいました

妊娠出産には残念なことにタイムリミットがあります

稀に50代で出産したなんて話もありますが年齢が上がると

それにつれてリスクも伴います。もし3人目が欲しくて

どうするか悩んでいるのならぜひ前向きに検討してみるといいと思います

3人目をどうするか悩んで「産まなければよかった」

という話は聞いたことはありません。3人目欲しかったけど諦めてしまった人は

「産んでおけばよかった」と言っています。

子供が3人いる家庭の実際の意見も見てみると・・・

引用元:発言小町(http://komachi.yomiuri.co.jp/)

うちは主人も私も3人兄妹、我が家も3姉妹です。
やっぱりこどもが多いと子どもたちで考えて行動するし、喧嘩したときも子ども同士で解決するようになるんですよ。

我が家は9歳7歳3歳ですが、上2人は友達同士みたいに仲良しですが、やっぱりたまにけんかすると、イヤーな雰囲気を察知した3歳末っ子が「どうしたの?」と中に入って、おちゃらけたりして、いつの間にかみんな笑顔!なんてことよくあります。

上下関係を自然と学んだり、常に周りの人ことを考えたり、あと一人っ子は控えめな子が多いですが、兄弟が多いと競争は熾烈なので好きなものや、やりたいことに貪欲なことが多いかな。

やっぱり子どもでも小さい社会なんだと思います。何より私自身も主人も3人ぐらいいると楽しいよね~という意見ですよ。

我が家の子どもたちも、3人で楽しい!といってます。
もちろん3人以上産めればいいですけど、経済的にも母の体力的にも3人ぐらいがまあ限界です。

友人の子どもも、なぜかこの少子化に3人兄妹多いです。みんな3人いると大変だけど、楽しいって言ってますね。

引用元:発言小町(http://komachi.yomiuri.co.jp/)

三男が生まれたとき、長男10才、次男7才でした

長男と次男は、仲がいいときはすごく仲がいいけど、やはり兄弟喧嘩は絶えませんでした。ライバルなんですね。

三男が生まれ、二人のお兄ちゃん(特に次男)は、本当に面倒見良く、可愛がってくれました。

それから年月が過ぎ、上の息子たちが働くようになってからは、クリスマスプレゼントやお年玉を必ず三男にくれるし、三男も二人の兄を大好きで尊敬してます。

今、長男30才、次男27才、三男20才、三人で話していると笑いが絶えないくらい仲がいいです。

それを眺めているのが、私の至福の時ですね。

ちなみに私も、兄二人と年の離れた末っ子ですが、とても幸せです。

コツはなんですかね…
ダメな母ですが、長男が生まれてから今日まで、子育てイヤだと思ったことが無く、自分も楽しんでたからかも…

このように、とても楽しく幸せだっていうことが伝わってきますね!

もちろん、人数が増えれば車も大きくないといけないし家だって4LDKは欲しいですよね

金銭的な面で実際は半数の方が3人目をあきらめているというデータはあるものの

それはきっと子供たちの笑顔があるからこそ、頑張る動力源になるのではないでしょうか?

絶対産んだほうがいいよ!なんて安易に命のことを私は言えませんが

少なくとも私は迷いに迷いましたが3人目を産むことができて幸せです

もしかしたらこれから体力的にも精神的にも大変になる日が来るかもしれません

しかし3人子どもたちがいることで「なんとかしなきゃ!」と孤軍奮闘です

スポンサーリンク

自己紹介
自己紹介



私に異変が起こったのは
2人目出産後のこと
上の子のイヤイヤ期と
毎日の頻回授乳で心も体もボロボロ
・何だか眠れない・・・
・常に何かに追われている感覚・・・
・子供がかわいいと思えない
・少しのことでイライラしてしまう
あなたにも1つでも心当たりがあったら
それは病気かもしれません
手遅れになる前に!
詳しくはコチラから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする