ある?ない?子育て中でも自分の時間を捻出する超簡単な方法!

子育てをしていると

子どもの事が優先になって

なかなか

「自分の時間」

というはっきりとした時間をもつことが

難しいですよね

むしろ

子ども<自分の時間

に罪悪感を持ったりしてませんか?

子育て中のママだからこそ

「自分の時間」って

大事なんですよ!

自分の時間を持つメリットと

育児中でも

自分の時間を捻出する技をご紹介します

子育てって楽しいの♪


私は結構はっきりと

自分の意見を主張するタイプなのですが、

ちょっとこの場を借りて

はっきり言わせていただきます

最近の芸能人の子育てブログ

キラキラしすぎてて嫌なんです

(だから私はブログ読んでません)

芸能人のブログを見てると

「育児とはこうあるべき」

というのを

まざまざと見せつけられるというか

押し付けられるというか

そういう感じがして

どうも私は苦手なのです

(もちろん感じ方に個人差ありますよ)

芸能人の〇〇さんはこんなに頑張ってるのに

私ときたら…

ってなっちゃうんです

もっともっと頑張らなくちゃ!

24時間365日全力子育て!

ってなるんです、わたし

でもねー疲れちゃうんですよね

子育てってたいへんなしあわせ


子どもが生まれる前は

好きな時に好きなことができましたよね♪

お腹が空いたら

おいしいもの食べに行くことだってできたし、

眠くなったら

ごろーんと横になって眠れたし

趣味に仕事にと

自分が主体で

どれだけでも動けました

しかし

赤ちゃんを迎えると

赤ちゃんのために

自分のすべてをささげますよね

私の場合

生まれたての頃は

オムツが汚れて泣いていれば

「はい!よろこんで!」

と飛んで行ってオムツを替え

お腹が空いたと泣いていれば

「おまたせいたしました!おっぱいお持ちいたしました!」

と授乳をし

眠くて泣いていれば

「申し訳ありません!ただいま抱っこします」

と抱き上げてあやしていました

そして

一瞬フリーになる時間があると

灰になります

こんな生活をしていると

ふと

「あぁ、ゆっくり本が読みたいな」

(読書オタク?です)

という感情が沸いてきました

本を読んでいても

赤ちゃんが泣いたらもちろん中断です

どんなに物語が佳境でも中断です

この

やりたいことを中断するって

ものすごーく

ストレス

なんですよね

その小さなストレスが

積もり積もると

どこかで

ボカーン!!!

となっちゃうわけです

妊娠中からずっと

ストレスと付き合ってきて

ただでさえストレスフルのママだからこそ

自分の時間をもって

リフレッシュすることが

自分のためにも

子どものためにも

そして

家族のためにも大事なんです

スマ放置

4歳から8歳の子どもを持つママたちは

自分の時間を作るために

子どもにスマホを与えて

遊ばせたことがあるそうです

出典:(http://mainichi.jp/articles/20161114/k00/00m/040/030000c

確かに

Youtubeやゲームなど

スマホを与えておけば

一時的に子どもたちを静かにできます

しかし8割弱のママは

良くないことだと思っているようですね

良くないことだと思っていながらも

自分の時間を確保したいんです

自分の時間捻出方法

私は小学生から乳児の3人の子どもを育てています

自分の時間?

そんなものは捻出しない限り今でもほとんどありません。

自分の時間がない年月が

かれこれ8年ほどです

もはや

「自分の時間がないプロ」です

我が家は夫が

1か月の半分は出張という生活ですので

ほとんどワンオペ育児です

そして私はフルタイムで働いています

しかし

念ずれば

いや

捻出すれば

自分の時間を作ることはできます

いかに

自分一人で過ごす時間を作るか

研究に研究を重ねた結果を

余すところなくご紹介します

  1. 子どもと一緒に早く寝ちゃう

私は夜遅い時間よりも

朝早い時間のほうが静かなので好きなんです

子どもと一緒に寝て

新聞屋さんかパン屋さんくらい早く起きます

そしてコーヒーと新聞を満喫し

朝ごはんと自分の身支度をゆっくりします

これだけでかなりリフレッシュできます

夜更かしよりも

早起きのほうが

その後の1日を長く過ごせますよ

3文の徳ですよ

  1. 機械ができることは機械にしてもらう

手を抜けるところは極力抜きます!

洗濯も干すのが面倒な時は

乾燥までやってもらいます。

食後の食器も食洗器にお任せします

私じゃないと困ること以外手を抜きます

  1. 実家や夫に預ける

我が家は夫が留守がちで

双方の実家も遠いので

なかなか叶いませんが

例えば

実家に帰省中などの時に

しばらくお願いして

1人で過ごしています

  1. 託児を利用する

ファミリーサポートや

託児施設を

利用するのも手段の一つです

1か所信頼できるところを決めておけば

リフレッシュの時だけでなく

ママが病気の時などにも役に立ちますよ

ぜひ自分の時間を

自分の時間が持てるかどうかは

育てている子どもの人数や

専業主婦かそうでないかでも

変わってくると思います

私は働いていますが

働いているほうが

子どもと離れている時間がある分

心に余裕があるのかもしれません

ずっと子どもと過ごしている

専業主婦のママたちは

自分の事すら考える余裕がないかもしれません

ママがストレスフルだと

それは家族全体へと伝わってしまいます

ママじゃないと困ることをやっていれば

自分の時間を持つことに

罪悪感を感じる必要はありませんよ

ぜひこの記事は

パパに読んでもらいたい!

さりげなくこのページを

パパの目に付くところに置いておいてください!

ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママや子育て中のママは家事に育児に仕事に大変。限られた時間の中で、いかに効率よくママ業を消化していくか。戦略が必要です。「忙しい」はNG...

Sponsored Links