子育て中の料理がもはやストレスな家庭は必見!夫婦円満の秘訣はコレ

Pocket

「フッ…フェーン フギャーッフンギャー」と

寝ていた赤ちゃんが突然泣きだしたり、

赤ちゃんに限らず、

「ママー聞いてー!ねぇ、こっち見てよー」

といくつになっても結構しつこい子供の要求に、

一向に料理が進まない!!

火を止めて駆けつけて

オムツ変えたりミルク変えたり

話を聞いてあげたり

子供の相手をしているうちに

パパが帰ってきて

「えっ、まだご飯できてないの?」

なんて言われてイラっとしたこと

ほとんどのママが経験ありますよね。

「俺だって仕事で疲れてるんだからさぁ」

なんて言われたらたまったもんじゃない!

食事が夫婦げんかの原因になるって結構多いです。

私は以前

施設の栄養士として1人で70食くらい作っていました。

時間との勝負なので

とにかく早くするにはどうしたらいいかを研究しましたね。

そこで、もっと料理の手間を省きたいと思っているあなたに

特別な技術が無くてもあっという間に

おいしい料理ができちゃう技をご紹介します

以前にも働くママの時短術という記事を書いてます。

まだ見ていない方はこちらからどうぞ

↓      ↓       ↓

ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママの時短戦略!手強い相手に勝つための最大の味方はすぐ身近に!?
ワーママや子育て中のママは家事に育児に仕事に大変。限られた時間の中で、いかに効率よくママ業を消化していくか。戦略が必要です。「忙しい」はNG...

時間がないを言い訳にはしたくない

煮物は時間がかかるし、

揚げ物は目を離せない…

ご飯の支度は、

子供が大人しくしてくれているうちに、

ちゃちゃっと済ませておきたいですよね。

私は料理が好きなので、

自分のペースを維持したいし、

それなりにこだわっているから集中したい。

子供に邪魔されたくない!っていう

大人げないやつです…。

洗濯や掃除はぶっちゃけ適当なので、

「ママー」と制止されても全く気にならないんですけどね。

どうしても料理に関しては、

「もぉー、ちょっと待ってて!」

と声を荒げてしまいそうになるくらい

神経質になっちゃいます。

パパの帰宅時間を意識していたりすると、

子供の甘えやお誘いが、

ついついイライラしちゃうことってないですか?

「あと5分寝ていてほしかったなー」なんて思う前に、

その5分を短縮しちゃいましょう!

出来るときにとことんやっておく!

私が料理の時短術で1番の鉄則にしているのは、

「下準備の前倒し」です。

調理の中で、

野菜を切ったり、肉を漬け込んだりする時間が

一番多いですよね。

私が70食作っていた時は、

もちろん食材も70食分1人で切るわけで、

調理時間の半分は切り込んでいました。

下処理ほど時間のかかるものは無いので、

まとめて事前にやっておくべきです!

まな板や包丁をその都度汚すこともないですし、

実は買い物の節約にもなるんですよ。

冷凍保存しておけば、

だいぶ先になっても使えますし、

電子レンジでチンすればすぐ使えて楽ちん。

面倒な作業ですしね、

一気に片付けちゃった方が気持ちいいですよ。

お金はこれにかけるべし

次に、これは仕事というよりも個人的な経験からですが、

調味料は贅沢した方がいい!

やっぱり、

いいものはいいんです。

多少高くても、

時間がないからって出来合いの総菜を買ってくるよりは

断然節約になります。

普段使っているものより、

プラス20~30円くらいの商品に背伸びするだけで

十分です。

まろやかさや香ばしさが違います。

美味しくしてくれます。

美味しいっていう味覚だけじゃなくて、

成分とか原料が違うと体への影響も違うんですよね。

「なんか最近調子がいいんだよな~」

なんてパパが言い出すかもしれませんよ。

何がいい調味料なのか分からなかったら、

とりあえず名の知れたメーカーに手を出してみるといいです。

調味料のブランドで高級品ですから、間違いないです。

使えるものはどんどん使う!

調味料と言えば、

ある程度仕上がったものを使うのもOK。

というのも、

最近スマホですぐにレシピ検索ができるじゃないですか。

これって楽ですか?

いちいち本を買ってみなくても、

レシピがすぐ見られるのは確かに便利。

でも、

料理中にいちいちチェックして、

調味料の分量を調べるのって、むしろ時間のロスですよ。

調べれば調べるほど、

それに従わなきゃいけないと思いがちになっちゃうような気もします。

慣れてくれば、

調味料の分量も感覚でできるようになる…って

それができないからレシピに頼るってるんだって話。

だったら、

すでに調味されている出来合いのものを使うべき!

日本食なら、砂糖とか醤油とか結構単純なもの

(調理人に怒られちゃいますが…)

でなんとかなります。

でも、そのほかの調味料を用意しようとすると、

結構お金かかっちゃうんですよね。

例えばカレーにしても、

レトルトがあるからこそ簡単な料理に挙げられますが、

スパイスを揃えようとしたらとんでもないことになります。

出来合いの調味料やレトルトを使っていると、

手抜きに思われるかも…なんて思う方は、

先ほどお話ししたブランド調味料を

冷蔵庫にずらっと並べてカモフラージュしておきましょう。

パパが冷蔵庫開けるのなんて、

ビール飲むときくらいしかないんですから(笑)

お姑さんがいる場合は別ですけどね…。

そもそも、カレー粉が許されているのに、

なぜ他のレトルト調味料は非難されるのか。

私にとっては謎なくらいです。

スイッチひとつで料理の達人

そして最後は、マシーンに頼りましょう!

圧力鍋は定番ですよね。

煮物もあっという間にできちゃいます。

わざわざ新調しなくても、

手持ちの電子レンジや炊飯器も時短マシーンの仲間です。

お米炊くだけが炊飯器と思っている方は、

勿体ないです。損しています。

炊飯器こそ圧力機能つかっているわけですから、

圧力鍋の代用にもなります。

炊飯器で、煮物も蒸し物も焼き物もできるんですよ。

食材と調味料を入れて炊飯ボタンをピッするだけです。

すっごく簡単なのに、

荷崩れしないのでテンション上がります。

意外にも出来るメニューが豊富なので、

ワクワクしますよ!

私も炊飯器は愛用していますが、

最初に蒸しパンを作った時の感動は忘れられません。

手抜きも愛!円満夫婦になる

こうして短縮できると、

別のところに時間をかけることもできるようになります。

今までドンっと一皿に盛っていたものを、

少しキレイにコーディネートするだけでも、

きっとご主人は目を輝かせるはず!

あなたが余裕をもって楽しく料理することが、

1番の隠し味。

家族がみんな笑顔でテーブルを囲めば、

ただそれだけで美味しさは倍増しますからね。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:今日の育児日記

ブロトピ:ブログを更新しました。

スポンサードリンク



Pocket