子育て迷走中?子育て成功のゴールはココだった!

Pocket

自分の子育てが

果たしてこれでいいのか?

何をもって子育てが成功なのかと

悩むことありますよね

そうやって悩んでるアナタの元へ

今すぐ飛んで行って

その気持ちわかるよ!って

抱きしめたいです!

子どもの成長に

真正面から向き合っているからこそ

出てくる悩みなのだと思います

子どもが独立したときに

あぁ、私の子育ては成功だった!

思いたいアナタ必見

成功のための

小さいけれど

実は

生きていくうえで重要な

コツ教えます!

孤独な闘い


子育ては

誰かが採点してくれるわけでもないし

まして

誰かに認めてもらえるものでもない

何をもって成功と言えるのか

どうしたら成功なのか

子どもの一番近くにいる

お母さんだから悩むこと

多くのお母さんたちは

育児本を読み漁ったり

ネットで検索したり

イイと言われることは

やれるだけやって

ダメと言われることは

できるだけ排除して

愛しくてたまらない我が子のために

日々情報収集しています

むしろ情報ばかり集めて

その情報におぼれたりしていませんか?

実はその情報こそが

落とし穴になりえることがあるんです

情報過多の世の中


テレビをつければ

情報が山のようにあふれてきます

パソコンやスマホで

手軽に検索することもできます

これを読んでるあなたも

そうやってたどり着いてくださった1人ですね

ありがとうございます

わたしも

様々なツールを駆使し

多くの情報を手に入れ

コレがいいのか

アレがいいのかと

自分で自分をふりまわしてきました

それでわかったことがあります

それは

私も

子どもも

混乱してしまった

ということでした

自信をもってよ お母さん!


子育てに

成功も失敗もない

と思っていました

何をもって

成功や失敗と決めるのか

目安がないじゃないか

と思っていました

私自身

初めの子どもがまだ1年生ですので

お母さん歴7年です

キャリア的には

ひよっこもいいとこですが

お母さんであることに変わりはなくて

キャリア20年のベテラン母と

たった7年の私で

子どもに対する愛情に差があるとは

微塵も思っていません

どのお母さんも

お母さんである以上

同じなのです

そしてきっと

目指しているものも同じなのです

世界中の

お母さんたちが目指しているもの

それは

子どもが幸せになること

ではないでしょうか

2人目の赤ちゃん返りにイライラ!こんな私ってダメな母親なの?
2人目の赤ちゃん返りにイライラ!こんな私ってダメな母親なの?
2人目が生まれて、家族が増え、幸せな気持ちにつかっていると 「あれ?上の子の様子がおかしい」 抱っことせがむわ 癇癪をおこすわ 何でも出来な...

何をもって成功とするのか


妊娠したときは

「無事に生まれてきさえすればいい」

生まれた時は

「健康で大きくなってくれたらいい」

と思っていたのが

だんだん

いい学校に入ってほしい

スポーツが得意になってほしい

かわいく/かっこよくなればいいな

親の欲があふれてきます

逆に

何が失敗なのか

育児書の通りに育たないから?

親のいう事を聞いてくれないから?

あの子より学力が劣るから?

その「失敗」だと思っているところは

実はその子の

個性

なのかもしれません

子どもを産み育てているのは親ですが、

決して親の所有物ではありません

人格があって

心があって

思考があるんです

それを親が横から

「親の欲」をぶつけることで

もしかしたら

その子の気持ちを

打ち消してしまっているかもしれませんよ

成功のコツ


しかしやはりきになるのは

「成功」

ですよね

私は「成功」は

独立の時

にわかるのではないかと思っています

私が学生のころ

教育学の教授が繰り返し

「生きるちから」

という言葉を言っていたのを覚えています

1人で生きていく力が

しっかり身について入れば

ひとまず

「成功」ではないでしょうか

食べること

働くこと

生活することは

親元にいれば親がやってくれたことでしょう

しかし

いつまでもそばにいてあげることは

できません

1人で生きていく力が必須なのです

生きていくためには

働くことが必要で

それで得たお金で生活をします

働くためには

他人とのかかわりが必要になってきます

他人とかかわるためには

他人の気持ちを汲み取る力が必要です

目先の学力などだけにとらわれずに

その先の

真っ白な未来に待っているものを

楽しいものだと教えてあげられたらいいですね

自己肯定感


生きる力をうまくつけるためには

子ども自身が

自己肯定感を持てるよう

育てることが重要になってきます

一時的に失敗だと思ったことが

やっぱり成功だったり

成功だと思っていたことが

実は失敗だったり

そういったことを繰り返しながら

学び成長していきます

子ども自身が

成功と失敗を幾度となく繰り返し

そこから学ぶことに意味があり

その学んだことを

自分の中に蓄えて

自己肯定感を養いながら

成長していくのです

自己肯定感のある子どもは

幸せを感じることができるようになります

その自己肯定感を養うために

私たち親ができることは

子どもを

認めてあげること

そしてお母さん自身も

自分に自信を持つこと

お母さんの心の揺れは

確実に

子どもに伝わりますからね

子どもに生きる力を


万が一

親である自分がいなくなったら

子どもたちは生きていけません

しかし

生きていかなければいけないのです

その万が一の時に

前に進んで

生きていけることができるよう

「生きる力」

をつけてあげましょう

生きる力をつけられたら

きっと

あなたの子育ては

成功です

スポンサードリンク



Pocket