子育てに欠かせない歌が苦手なママ必見!子供の笑顔を引き出す歌い方

Pocket

「げんこつやまのたぬきさん」や「いっぽんばし」とか、

身振り手振りをしながら歌うことって多いですよね。

子供の発達を促す効果もあるし、

親子のコミュニケーションもとれるし、

いいことづくしなことは分かってる!

でも、

歌が苦手だと相手が子供でも

ちょっと抵抗があったりします。

子供と一緒に遊びたいけど、

「歌」のせいでなんだか憂鬱…

そんなあなたに、

音痴がバレたくなくて人前で歌うのが大嫌いだった私が、

楽しく歌えるようになった方法をお教えします。

実はカラオケよりも難しい「手遊び歌」


音楽の助けもなく、

しかも語りがけるように歌い、

少なからず演技力も要するという恐るべし「手遊び歌」。

音感はもちろん、

身振り手振りといった

リズム感も皆無に等しい私にとっては、

非常にハードルの高い遊びでした。

できないからこそ、

憧れも強くて、

保育士さんは心から尊敬します。

毎朝テレビで爽やかに歌って踊っている

「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さん・お姉さんに

負けないくらいにノリノリなんですもの。

大人の私でも惹き込まれてしまう、

あの表現力はすごいなーって。

「仕事だから」と思う一方で、

「私、ママなんだよ?」と

我が子にしてあげられない自分に問いかけたりもしていました。

でも、

どうしても歌にコンプレックスがあって、

子供の「ママ、うたってー」のリクエストに

応えてあげられなかったんです。

歌だけではなく、

表現するのが恥ずかしくて絵本の読み聞かせも

苦手でしたね。

病院とか役所には必ず絵本があって、

子供たちにリクエストされ…とにかく苦痛でした。

なんちゃって女優魂が私を変えた!


子供が2歳の時の保護者会で、

そのコンプレックスと戦う日がきたのです!

「今日はママ達にお遊戯してもらいます」

と親の反応を楽しんでるかの如く、

ニコニコしながら担任の保育士からの宣戦布告。

もちろん、

私以外の保護者も動揺していましたが、

「えー、なにそれぇ。はずかしー」といった、

和気あいあいなリアクション。

私はと言えば、

「えっ。無理だし。帰りたい。逃げたい…。」

あわよくば、仮病でも使いたいくらいでした。

アタフタしている間に

着々と準備が進められ、

私のグループは

「おおきなかぶ」

を披露することになったのです。

しかも、

ママ達の中で比較的若い部類に入る私は、

なにかといじられるキャラで…

「おおきなかぶ」のおじいさん役に抜擢されるという窮地。

一人で登場し、

「今日はカブでも植えるかのー」と演じ、

大きく育ったカブを、

「うーんとぉこぉ どっこいしょー

うーんとぉこぉ どっこいしょー

おーきぃなぁかっぶーがでぇきまーしったぁ」と、

アカペラで歌う役です…。

もぉ、保護者会どころじゃないわけです。

突然、発表会という緊張感で心臓バクバクです。

やるっきゃない!

やってやろうじゃないか!!

やけっくそです。(笑)

意外性を勝ち取ってやろうと、

名演技してみせると決めました!

ちなみに綿でひげを作ったり、

参加しているパパさんの洋服を借りて

おじいさんらしく変装したり、

シーツを丸めて緑の毛糸で葉の部分を作って

カブに見立てたり

結構本格的でした。

さて、いよいよ本番。

カブを植えて、

引っこ抜く作業を繰り返し、

最後に

「うーんとぉこぉ どっこいしょー!!」

と叫んで抜けたカブを抱きしめて後ろにひっくり返った私です。

ひっくり返ったのは、

私だけです。

不思議なことに、

ここまでやりきると快感です。(笑)

楽しくって、大満足でした!

歌手じゃないもん、ママだもん


それから、

歌うことも演じることも好きになりました。

子供は素直ですし、

何よりママがやってくれていることが嬉しいのか、

ほんのちょっと演出してあげるだけで、

キャッキャと喜んでくれます。

きっと中途半端にやるから、

自分自身を客観的に見られちゃうし、

素直な子供だからこそ、

それが伝わってしまって反応がイマイチ。

だから余計恥ずかしくなっちゃうという悪循環。

下手で自信がないからこそ、

「上手にしなきゃ」と気負いすぎちゃって、

楽しめないんだろうなぁって思います。

音痴なストリートミュージシャンが

駅前で歌っていたら大迷惑ですが、

親子で歌う程度だったら

多少下手でも誰も気にしません。

むしろ、

思っている以上に周りは無関心です。

気にしていません。

子供のリクエストを適当に流したり、

それで子供がギャーギャー言っている方が、

見苦しいと思います。

子育てにおいて大切なのは、

上手い下手ではなく、

「呼吸があっているか」

です。

子供が楽しんでいるのと同じくらい、

ママも楽しみましょう。

もちろん、

電車やバスで歌うことは非常識になり得るので、

PTOは大切ですけどね。

一緒に歌えるのは今しかない!


歌うことが本当に嫌いだった私も、

今では子供たちと手をつないでブンブン振りながら、

「あっるっこー あっるっこー わたぁしはーげんきぃー」

とトトロを歌いながらお散歩しています。

お散歩だけでも楽しい子供たちですが、

やっぱり歌が伴うと更にテンションはあがりますね。

普段の3倍くらいは笑ってくれます。

コンプレックスとかプライドとか、

そんなことのために、

子供たちの笑顔を見られないなんて

本当に勿体ないです!

おもいっきり歌ってあげてください。

子供たちにとって、

あなたの声やリズムが「ママの歌」なのです。

スポンサードリンク



Pocket