ママ友の集まりを甘く見ると恐ろしいことになる!すぐできる対処法5つ

Pocket

「今日は○○ちゃんの家で、ママ友と集まる事になっちゃった…」

「ママ友たくさん来るし、めんどくさいな、どーしよう」と悩んでるあなた!

そうです。

ママ友の集会って、とってもめんどくさいです。

特にお家で集まる時なんて終わった後には、ママがへとへとになるほど疲れます。

ママ友の集まりを何も分からないまま普段の友達と付き合うのと同じように接すると

後で取り返しのつかない事になる事だってあるんです。

小さい子供2人を育てる私が、ママ友の集まりで浮かない為に

覚えておきたい事を紹介します。

戦場となるママ友会

基本的に女性は

嫉妬深い生き物です。

女性が集まるママ会って、子供をつれて穏やかに見える一方で、ママ同士は細かなアンテナを張って、周りを見ています。

まさに情報戦を繰り広げる戦場のようです。

そんなママ友の中で、浮いてしまったり、周りとは違う行動をとると

一瞬にして、敵へと変わってしまいます。

訪問先の家の中を詮索するように見るのはやめる

お友達の家に行くと、間取りや家具など、ついつい気になってしまうところですが、

お家の中を詮索するのはNGです。

気になるように、ちらちらと周りを見渡したり、閉じている部屋を気にして聞いたり…

なんだか粗探しされているようで良い気分しません。

以前ママ友が遊びに来た時、特に汚い台所の方をちらちら見られて

「汚いから見てるのかな」と、とても恥ずかしい気分になった事がありました。

派手な服装やブランド物を持つのはNG

何度も言いますが、女性は嫉妬深い生き物で、自分も欲しいのに買えないブランド品を目の前でちらつかされると嫉妬メーターが一機に上がります。

「そのバッグ、ブランドだよね?」

なんて言わなくても、チラッとバッグをみる目が笑っていません。

またミニスカートや胸元が見えすぎた服も基本NGです!

これは嫉妬というより、「子供がいる場所でその服装する?!」

というような常識性を疑われますね。

簡単な手土産を持って!

これは常識ですね。

誰かのお家にお邪魔する時はジュースでも、子供用のお菓子でも、ちょっとした物を手土産と持っていくと良いです。

ただここで注意したいのが、何人かで行くときは、

あらかじめ行くメンバーで手土産の件を話して

みんなで同じような価格の物を持っていく事!

私は以前、仲の良いママ友家で5人のママ友と集まる約束をして、

事前に誰が何を持っていくと話をしてた時がありました。

ところが、当日子供用のお菓子を持っていくと話してたママが

ちょっとお高いケーキを持ってきたんです。

周りは

「ええええぇぇぇーーー」ですよ!!

しかもあなたが、持ち物を事前に決めようって言ってたじゃん!!

そのママ友は元々身なりがしっかりしていて、割と旦那や家族の自慢話をするママだったので、この行動にそれ程驚きはしませんでしたが、なんとなく後味が悪いですよね。

ママ友は周りと合わせる事がすごく大事です。

自慢話はしない

3回目ですが、女性は大変嫉妬深い生き物です(笑)

そして人の自慢話が大嫌いです(笑)

特に旦那の仕事や収入をにおわせる自慢話はアウトーー!

間違っても

「うちのパパは育児も家事も手伝ってくれてこの前は指輪もプレゼントしてくれたの♪」

なんて絶対言ったらダメです。

あくまで、実際はママの事を良くサポートしてくれるパパでも

「家事育児やってくれない仕事ばかりのパパ」

で通すのが身の為です(笑)

自分の話ばかりする人は、必ず周りから引かれます。

ママが集まる会では、何より聞き役に徹するのが一番!!

そして共感すれば、とりあえずOKです。

ただここで注意したいのが、聞き役で終わってしまって自分の話を全くしない事はNGです。

ママ友じゃなくても自分の話を全然しない人って

腹の中が見えなくて寄り添えなくないですか?

ママ友も同じ。それなりに自分の話をして腹を見せる事が大切ですよ!

長居はしない

何事も引き際は大切です。

どんなに話が盛り上がってても、子供が遊びに夢中でも、長居するのは控えるべきです。

時間の目安としては午前中ならお昼前に

午後なら夕飯の支度を考えて4時ぐらいには帰った方が良いと思います。

まとめ

ママ友のお家に行くのって本当に疲れます。

子供が走り回らないか、汚さないか、会話は何を話そうか、いつ帰ろうか…

と考えながら過ごすうちに帰宅した時は、ママはへとへとになります。

でも普段、言葉が通じない子供といるママにとって、ママ友との会話ってすごく助けになってストレスの発散にもなります。

そんなママ友と仲良く過ごしていくためにも、間に亀裂が入ったのでは大変です。

少しのコツを守って素敵なママ友ライフを過ごしましょう。

スポンサードリンク



Pocket