ママ友と仲良くするほどお金が消える…経済格差が生む波紋に一言!

ママ友との付き合いって

結構お金がかかりますよね

家族でだって行った事ないのに

往復○千円という交通費をかけてレジャーランド…

そこまでして行きたくない!

我が子がたいして写っていない記念写真とか

絶対に着る事のない記念Tシャツとか…

思い出は大切だけど正直いらない!

でもなかなか断れないんですよね

なんとか頑張って

行けない&買えないオーラを出していても

ママ友必殺「立て替えの輪」によって

結局巻き込まれるっていう…

ただ公園で遊んだりするのは大歓迎!
でもそれにお金が絡んできたら

あなたはどこまで付き合えますか?

身の保全のために払う会費


給料が違えば

支出だって違うわけだし家族の娯楽費がいくらかとか

子供にいくらくらい使えるかとか家庭によって違って当然!

でもママ友というサークル内では

所得調整なんかなくてモノもコトも一律料金で請求される…

それが平等だって?そんなバカな!!
保育料はさ所得に応じて区が決めるのに

ママサークルの年会費はみんな一律6000円

世知辛い世の中だなーいやんなっちゃうなぁ、もぉー

でも払っちゃうんですよね

仲間はずれは嫌だもん…

繋がるための投資!?

子育ての大変さを分かち合う集いが
子育て世帯の家計を苦しめるなんてなんとも不合理だと思いませんか?
しかも年会費って…せめて都度払いにしてくれよ!

まるでエステ商法じゃないか
ほーんとママ友とのお付き合いって大変

超高級なTシャツに唖然

お付き合いのための費用だけではありません

団結力を高めるためにもいろいろお金がかかります

保育園最後の運動会

みんなでお揃いのTシャツを着ようと盛り上がったんですね

子供たちの手書き似顔絵がプリントされたそりゃあ思い出になる1枚…

素敵な事とは思うんですよ

でも1枚5000円…っ!?

しかも保護者も着るって言うんだから1家族1万円ってことでしょ

マジかぁーーー

追い討ちをかけるように保育園サイドから

「行事に着るなら全員が着用するようにしてください」と

こうなったらNOと言う勇気はありません

白い目でみられたくないもん…

1万円あれば

西松屋で何着も洋服買えるじゃん!

欲しかったスカート買ってもおつりくるじゃん!

運動会の日のためだけのTシャツ

コスパ悪すぎる

チームワーク恐るべし

ママ友チームの企画遂行のために

絶対に断りきれない状況に陥ることも

意外と多い…
保育園っていう組織を巻き込むと

仲良し同士の「おそろい」だけでは済まなくなります

確かにそういうのは大切だと思うけど

もっとお手頃なものにしようよって言いたいんです

ハチマキとか靴下とかでいいじゃん

どうせ卒業記念品とかも作るわけだし

今ここで気合いいれなくてもいいじゃん?

誰かストライキ起こしてくれないかなー

他力本願も空しく

その企画は決行されるのです…

ママ友間では発言も要注意

保育園といった大きな組織以外の場でもママ友との交流にかかるお金の問題は

すぐ身近に転がっています

5人前後の小グループでちょっと近くのレジャー施設に行こうとなれば

経済格差はまるで無視…もっとも

「○○ちゃんちはお金大変そうだから行けないよねー」

なんて言われたらキレますけどね(笑)

さすがに「同情するなら金をくれ!」

なんていう堂々と貧乏発言はできません

「ディズニーランド行きたいね」って言われれば

誰だって「行きたーい」って言うじゃないですか
それが具体化してしまったらアウト

引き際を逃すと大変な事になります

夢の国の滞在費って相当ですよ!

子供の数が多ければ多いほど頭がおかしくなるわけです…そんな遠出する企画は

なかなか無いですけどね

でもママ友のお誘いって身近にゴロゴロ転がってます

立て替え制度は余計なお世話!?


日曜日に公園でただ遊ぶはずだったのに

予期せぬ出費に大打撃!近所のお友達も来ていて

子供たちはとっても楽しそう

来て良かったなーという安堵もつかの間

「これからお昼食べに行かない?」と…

ただ遊びに来ただけなんだって!

休みなんだし家で寝させてよ!

どうにか回避できないことかと
「今日、お財布持ってきてないんだよねー」と

さりげなく帰宅宣言をするものの
「やだー!食べにいくのー!」と我が子が泣き叫ぶ

オマエは女優か!そんなすぐに泣くんじゃない!

困惑している私と行きたいと懇願する子供たちを見かねて
「立て替えるから行こうよ!子供たちが可哀想だよー」

というママ友の優しさ

いやいや
困っているのは子供の姿にではなくランチに行く事に対してだよ!

私と子供2人で外食したら3000円は超えるでしょ!?

無理無理無理ーーー!!

羨ましいのが本音です!

こういうお誘いにいつもノリノリの人を見ると

本当経済格差を思い知らされます

割り勘の席で

大食いのママ友を見るとイライラします

あー醜い自分が嫌だ…

生活基準が似た者同士で仲良くしていれば

さほど問題はないものの…

子供たち同士が仲良くてその子のママとも背伸びして

付き合わなければならない時無理した分だけ支障が出ます…

断ればいいものの距離ができてしまうのが怖くて

ついつい合わせてしまう自分の弱さに自己嫌悪

自由参加といえども半ば強制的なママ友交際費

こんなお金の悩みを抱えるくらいなら

きちんとルールを作るべきなんですよね

普通がもはや分かんない!

保育園や幼稚園という大きな組織内なら

園側からママたちの負担が無いように指導してくれれば

ずっと無駄な負担は減ると思いませんか?

どっかに遊びにいく時にも

「お小遣いはいくら以内」っていう

小学校の遠足みたいなルールがあればいいのになぁ…

そういったことは

もうママだって大人だから

判断を一任されているんでしょうけど

でもトラブルにもなりかねるってことで

問題視してもいいはずなんですけどね

現状としては

本当に必要なお金はどんどんかかってくるわけだから

極力無駄な事は避ける強さを持たないと

やっていけないよーってこと

どこまで付き合うかは個人の自由だけど

一般的にはどこまで付き合うものかを

判断するメーターみたいなのが欲しいですよね

食費や光熱費の相場とか所得調整のような配慮が

“ママ友交際費”にもあればいいのになって思います

3月25日追記

ネットビジネス開始6ヶ月。今ではお金のことなんて気にせず

何でもできるようになった私。

そんな私がネットビジネスで

私が収入を得るきっかけになった書籍をご紹介します。その名も

自由な人生を手に入れる教科書

私がネットビジネスを始めるきっかけになった書籍です

この業界では知らない人がいないぐらい有名な人です

Amazonの書籍ランキング1位記念で今なら無料で見ることができます

3人も子供がいたら働きに出るって特に子供が小さいうちは中々難しいと思います。

ですが私はこの書籍に出会ったおかげで働きに出ることなく

今ではお金に困ることが一切なくなりました!

無料の今読まないのは絶対損ですよ!

詳しくは別のページで書いてます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子育て主婦の在宅ワーク。騙されたくない!と可能性を狭めてませんか?
子育て主婦の在宅ワーク。騙されたくない!と可能性を狭めてませんか?
突然ですが、あなたは今経済的に不安がありますか? 子供が生まれたばかりで働きに出られなかったり ご主人の給料が下がったりボーナスがカ...

Sponsored Links