ママ友グループに疲れているママ必見!疲れないママ友との付き合い方

ママ友って普通の自分だけの友達とちょっと違いますよね

学生時代ののりでは付き合えない。

自分の子供が関わってくるから?

家庭ごとの事情で違ってくるから?

ママ友のグループづきあいに疲れているママさん

どうすれば疲れないのか

どうすれば楽しく付き合えるのか

これを守ればストレスフリー!?

心がけ次第でママ友とうまく付き合える3つのポイントです。

自分の子供が関わってくる

我が家の上の子は女の子なのですが

かなりのおっとりさん

1歳になっても歩かなかったおっとりさん

当然月齢は違うけど

同じ学年の子たちから出遅れます

別に誰に何を言われたわけでもないはずだけど

他の子たちはたくさんハイハイしたり

歩ける子は小走りしたりしているのを見ると

抱っこばかりの我が子は

なんだかやりきれないことも多く

ちょっと複雑な思いをしていましたね

今となると他の子がうらやましかったのだと思います

そう、他のママ友に対して

いろんなことができてうらやましいって感情がありました。

あまりしゃべりたくない時は

子供と二人で散歩することも多くありました。

家庭の事情が違う


家庭によっては

住む家が持ち家だったり賃貸だったり

つぎつぎとブランドものを着ている子供がいたり

旅行によく家があったり

パパがお医者さん!?

会社の社長!?

金銭事情が違うので羨ましいと思ったり思われたり

なんてことはたくさんあります。

いいなぁ程度で済めばいいけど

割り切れない感情がママ友に対して出てきて、

気付いたら理由もわからず無視されるようになったりすることも

ママ友によってはありますよね

http://kosodate119.net/mamatomo-okane/

ママ友とうまく付き合う3つのポイント

一人がいい!という人以外は

やっぱりママ友とはうまく付き合っていきたいですよね。

ママ友とうまく付き合うために押さえておきたい3つのポイントです。

  1. そもそもママ友グループには入らない

    数人で集まるグループだと

    中には合わない人もいるはず。

    気の合う人とだけ付き合い

    グループ行動は控えた方が後々トラブルは起こりません

    できることなら初めから入らないことです

    今グループで無理している場合は

    グループから一歩引いてみる

    そのことで仲間外れにされたとしても

    グループの中にも外にも

    個別に付き合えるママ友がいますよ。

  2. ママ友には家庭やパパ事情はあまり話さない

    相手が妬みに取られそうな家庭事情やパパ事情は

    あまり出し過ぎないほうが良いです。

    気が付いたら無視されていたなんてことあります。

    聞かれたら嘘のない範囲で

    答える程度がちょうど良いのかもしれません。

  3. 生活レベルが合うママ友を探す

    生活レベルが合うママ友は本当に楽です。

    話すことを選んだり

    ただの相談事で引かれてしまう

    なんて事起こりません。

    保育園の時、

    海外旅行どこに行こうかなと思っていた時

    ママ友に話のついでに相談してみました

    うちは海外なんて無理~って言われ

    次の日から少し避けられるようになりました。

    話が合わないって思われたのでしょうか。

同じ保育園でも

フルタイムで働いているママと

パートで働いているママと

二通りいて

フルタイムで働いているママの方が

生活レベルが似ていて

話しやすかったです。

まとめ

もともと群れることが嫌いな私は

子供が通っていた保育園でも

気の合う人と適当に付き合ってきました。

それでも保育園では気の合わないママ友や

嫌いなママ友など

いろいろいて行事ごとに鬱々として

ちょっと悩んだりもしましたが

小学生の今となっては杞憂でした

小学生のママ友とは

自分から関わらない限り

付き合わなくていいのです

子供が小さい時ほどママ友とはべったり

大きくなると付き合いも薄くなってきます

ひとりぼっちもつまらないけど、

グループは精神的に大変になってしまうことが出てくる

気の合う人と付き合っていくと割り切って

子育てすることも

自分のために大切かなと思います。

困ったママ友に悩むなんてバカ!そんなの断捨離しちゃうのが賢いママ
困ったママ友に悩むなんてバカ!そんなの断捨離しちゃうのが賢いママ
今日は以前の記事の続き。 以前の記事はコチラ ↓   ↓   ↓ ママ友との付き合いって 優しい人ほど大変ですよ。 「えっ、何この人…」っ...

Sponsored Links