『知らないと一生イライラ育児!娘のイヤイヤ期を乗り切るためのテクニック4選』


イヤイヤ期って

ほんとうに 大変ですよね~

私もしょっちゅう娘にイライラしては

つい怒鳴ったり無視したりしてしまいます

娘の寝顔を見ながら自己嫌悪に陥る日々・・・

これじゃいけない!

育児本やネットの情報を読みあさってみる

“イライラするのは自分に余裕がないから”

“夫に預けてリフレッシュ♪”

“ママ友と優雅にランチ♪”

方法はいろいろ書いてあるけれど

幼い子どもがいると簡単にリフレッシュなんてできないし

子育てしながら心に余裕なんてなかなか持てません

じゃあどうすればいいのか・・・イライラする感情と戦うしかないんです!

でも実はこの感情

テクニックさえあれば

なくしていくことも上手く乗り切ることもできます

2歳のイヤイヤ期を初めて経験しているママさん!

まだ子育ては始まったばかりです

これからのなが~い子育て人生をイライラ人生にしないためにも

テクニックを身につけて脱・イライラ育児を目指しませんか?

2歳児育児に奮闘中の私がやってみてよかった方法を

ご紹介していきます

1.石になる


これは私の母に教えてもらった方法です

石!?って思いますけど

要は感情を無にするということなんだそうです

自分でいうのも変ですが

私は幼い頃かなりのワガママ少女でした・・・

今では母に笑い話にされていますが

当時はもちろんイライラすることばっかりだったそうです

でも怒鳴ったところで余計に癇癪を起こして手は付けられなくなるし

誰のためにもならない

そんな時に編み出したのがこの方法なんだそうです

イライラして怒鳴ってしまう!と思ったら

何もせず表情も変えず

ただ石のように固まります

そして心の中でひたすら数を数え

「今日は何秒で自分のイライラが静まるか・・・」ということを

考えるのだそうです

私の場合は数を数えるどころではなく

「イライラする~!!」って心の中で叫びまくりですけど

私がこの石作戦をしていると

はじめはギャンギャン泣いていた娘も最近はもう分かっていて

「ママ石なの?」って聞いてきます

「○○ちゃんがちゃんと座ってごはん食べてくれたら

ママの魔法が解けて石から元のママに戻れるよ!」なんて言うと

(もちろんこんなんじゃ言うことは聞かないんですけどね・・・)

何かよからぬことが私に起きていると思い

近寄ってきてツンツンしたり

「大丈夫?」となでなでしてくれたり

「もう!!かわいいな!」

ってイライラの感情は何処へやら・・・

その場を立ち去れない!

夫に見ていてもらえない!

そんなときにこの石作戦

うまくいけば娘の優しさが見れたりして

オススメです

2.一緒になって「抱っこ抱っこ」連呼する


「抱っこ抱っこ」って一度言い出したらずっと言い続けますよね・・・ほんとに

抱っこに限らず

目新しいものを見つけると

「貸して貸して」

お菓子を見つけると

「開けて開けて」

要求が満たされるまで言い続けます

いつもは私も「はいはい」言いながら出来る限り答えようとは思うのですが

時間がなかったり忙しかったりすると

ついイライラしてしまいます

以前までの私はすぐに

「待ってって言ってるでしょ!」って言ってしまっていました

でもある日娘がぬいぐるみに向かって

「待ってって もう 待ってよ!!」って叫びながら遊んでいたんです・・・

「げ!!真似してる・・・」

保育園の先生からも「○○ちゃんよく待って待って言ってるよ」と言われ

こんなところに影響が!!と感じました

それからは娘の連呼攻撃が始まると

私も「抱っこ抱っこ」と一緒に言ってみることにしたんです

できるだけ娘より大きな声で

するとはじめはぐずっていた娘も

面白いのかケラケラ笑い始め

最近では「抱っこ抱っこ」言いながら二人でおしりフリフリ♪

ダンスなんかも踊ったりしちゃってます

結局最後は抱っこさせられるんですけど・・・

この方法が正解なのかはわからないですけど

「待ってよ!!」なんて鬼の形相になるよりは

新たなコミュニケーションの一つとして

二人で楽しんじゃってます

長引く「だっこだっこ」は親の○○経験不足が原因!あなたは大丈夫?
長引く「だっこだっこ」は親の○○経験不足が原因!あなたは大丈夫?
「ママ、だっこー」 と両手を広げて甘えてくる子供は 可愛くて仕方ないものです。 抱き上げてギュッとして… ママ自身も幸せな気持ちにな...

3.もうどうでもいいやと開き直る


この時期の子どもが家にいると

片付けても片付けても

部屋は散らかり放題・・・

イライラ・・・


さんざん一緒に遊んだあとに一人で遊び始めてくれたから

今のうちに食事の準備だ!

と思ったら

「ママこっちきて~」攻撃・・・

こっちに来るまでずっと攻撃してくる

「今肉焼き始めたところなのにさ!生焼けだしさ!」

イライライライラ・・・


「着替えない!着替えない!」

「もう保育園に行く時間だしさ!今着てる服サンタクロースの格好だしさ!」

(寝る前に娘がどうしても着て寝たいと言ったんです・・・)

イライライライライライラ・・・


もうや~めた!!

イライラして怒鳴っても女の子ってすぐ拗ねるし

そうなったら

それこそめんどくさい!!

部屋なんていつか片付けばいいし

料理も洗濯も今しなきゃいけないわけじゃない

今までも手抜き家事だったけれど

娘のイヤイヤ期を理由に

「家事手抜き宣言!」を夫にしました(笑)

そんなこんなで我が娘はサンタの格好で保育園へ・・・

もう完璧を目指すのではなく

はじめから時間はかかるもの

全部できなくても仕方ない

そう思うことで

「やらなきゃいけないのに!」

「時間がないのに!」っていうイライラは

私はだいぶ減りました

「手抜き宣言」ぜひ一緒にしませんか?

4.ポジティブに発想転換する


娘の通う保育園のママによると

イヤイヤ期の子どもは面白いんだそうです

面白い!!?

そんな発想私にはなかったので

目からウロコです

いずれ終わりが来るとわかっているから今の時期が可愛く思えるようで

イヤイヤ泣きまくる子どもの顔が

「ぐしゃぐしゃで可愛い~」と思ったり

物を投げてふてくされる姿を激写してみたり

楽しんでいるんだそうです

今は子どものおもしろイヤイヤ姿をネットで紹介している人もいるそうで

イヤイヤする子どもを

親が楽しんじゃっていいものかどうか

すこし疑問は残りますが

要するに

子どもの要求を

「めんどくさい」とか「後にしてよ!」と

ネガティブに捉えるのではなく

「かわいい」「成長したなあ」と

ポジティブに発想転換できれば

イライラ感情も生まれないってことなんですね!

私にはまだまだトレーニングが必要そうですが・・・

上手く自分の感情をコントロールできれば

イライラからも解放されて

もっと楽しく育児ができそうですよね


子育ては始まったばかりです

2歳のイヤイヤ期は

親にとってはイライラ期の登竜門

3歳になればもっと知恵も付いてくるし感情も要求も複雑になる

もう少し大きくなれば口答えもしてくるし

思春期なんて

それこそ何考えてんだか分からない年ごろに・・・

娘だととくに口が達者で女同士ってことも相まって

これからますますイライラしそうな予感がします

でもそんなときこそポジティブに!!

そしてうまくイライラを解消できるようなテクニックを身につけて

脱・イライラ人生を目指しましょう!!


Sponsored Links