~第2話~いよいよ貯金を始めた僕が最初の落とし穴にはまった話!?

こんにちは!はんちゃんです!

前回の記事では

年収高い=金持ち(貯金沢山)と言う僕の価値観が

見事に崩壊して『もう言い訳はしない!』と

決意したという話でした。

その時に言い訳ばかりのダメ男だった僕の話と

無駄遣いしてるのに気付いてないKさんの話

この2つをしたんですけど

僕のYoutube動画聞いたり

僕の記事を読んでくれた人は

僕に対して『めっちゃしっかり者の節約家』

みたいなイメージを持つ人が多いようなんです。

でも、実際は全然違います。

しっかり者とは真逆です

5年前まで毎月預金は0円になるまで使ってたし

マジで無駄遣いばっかりしてたのに

口癖はいつだって『贅沢はしてないのに~』でした

このことはしっかりと覚えておいてほしいんです

そんな人間にも貯金を1000万貯めることは

可能だということです。しかも5年という期間で。

貯金がなくて将来が不安だったり

ストレスを感じているのなら

貯金をするしかありません。

今は当然のように働いていても

ある日突然リストラになったり病気になるリスクは

誰にでもあります。その時に貯金がなければ

借金するか誰かに迷惑をかけるしかないです。

だからこそ貯金しないといけないし

ずっと続けていける貯金力を身に付けないといけません

というわけで今日は

どのように貯金していけば良いのか。

また、どのような思考を持てばいいのか。

といったことを話していきます

僕は1000万を貯めた5年間、貯金をしつつも

・家族旅行には毎年行っている

・趣味としてテニスを始めた

・面倒なケチケチ節約は一切していない

などなど、なぜか貯金する前にできなかったことが

貯金をきっかけにできるようになったのです

その中で常に意識していること。

それは仕組みです

仕組みの威力は半端ないです。年齢や年収は関係なく

一度作ってしまえばその後は放っておいても

勝手に貯金を貯めていくことが出来るんです。

勿論、無理なく生活レベルは落とさずにです。

貯金は仕組みで全てが決まると言っても

過言ではないのです。それほど仕組みはすごいんです

というわけで今日は仕組みに味を占めた

はんちゃんの物語を語っていきたいと思います

仕組みとの出会い

S君をきっかけに貯金を始めた僕は

ある日、ネットで貯金の方法やコツを調べていた。

『出かける前にコンセントを抜くといいのか~』

『水道は水道局に連絡して節水コマ使えばいいのか』

『なるほど~。でも、なんかめんどくさいな・・・』

いざ、貯金をしようと決意したものの・・・

節約ってなんだか面倒だし大変そう。

そもそも、僕も含め

これを読んでくれている貴方もそうだと思うんですが

面倒が嫌いだからこそ貯金できないですよね?

節約節約って目をギラギラさせて

光熱費を削減するなんてめんどくさいこと

僕たちには絶対無理だと思いません?w

だからS君に聞いてみたんですw

僕『Sく~ん。なんか楽に貯金できる方法ってないの~?』

聞いてみたものの、実際には

『甘えるな!』とか

『そんなんだからダメなんだよ!』とか

叱られるんだろうな~。

って思っていたんですが答えはとても意外な物でした。

S君『あれこれ考えすぎ!もっとズボラにやらないと続かないよ!』

S君『光熱費とか食費とか毎月流動的なものは無視!』

S君『固定費を削らない限り絶対無理だよ~』

は?貯金て真面目に正確にやるものじゃないの?

ズボラだから貯金できないわけだし。

固定費って家賃とか?そんなの決まってるのにどうやって削るの???

意味が分からん!とか思いながら

黙ってS君の言うことを聞きます。

S君『毎月の支出には固定支出流動支出の2種類があるんだよ』

S君『大抵の人が貯金をする為にまず目をつけるのがこの流動支出

S君『だけど本当に削るべきは固定支出の方なんだよ』

そもそも固定費って何のことを差すのか?

僕にはこれが分かりません。

ていうか、毎月固定の金額だから固定って言うんじゃないの?

削るとかどう考えても無理でしょ。

と、思いつつもS君は僕の師匠です。

僕は貯金できないけどS君はできます。

それに、自分の価値観だけで言い訳をして

今できることをやらないことをやめた僕です

その日から、S君の言うとおり固定費を削減していくことにします

その結果、恐ろしい程の無駄が発覚したのです・・・

半信半疑の固定支出削減!その威力はいかに!?

S君が教えてくれた固定支出とは

・家賃

・生命保険料

・通信料(携帯、インターネットブロバイダ)

・贅沢なまでの食費

・タバコ、酒などの嗜好品

・意味のない飲み会の交際費

・銀行のATM手数料。

・惰性で買う雑誌や漫画

まさしく、目から鱗です。

その中から、まずは自分にできそうなものからやってみた。

まずは生命保険の見直し。

FPであるS君に保険証券見せたらびっくり。

無駄に高くて必要ない保険に入っていたことを知ります

僕の生命保険といえば

会社に出入りする保険屋さんに

『保険は入っとかないと危険だよ~』なんて言われて

良く分からないまま入った生命保険と

某窓口に相談しに行って子供の学資代わりに入った終身保険と

内容も良く分かっていない医療保険。

〆て総額3万円!が、8000円になりましたw

自分は何にもしてないのにFPにお任せで

毎月2万2千円も支出が減ったwすげ~w

これについて詳しくは別の記事で書いてます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家計に無理のない適切な保険の選び方はこんなに簡単だよって話
家計に無理のない適切な保険の選び方はこんなに簡単だよって話
こんにちは! 今日は僕が保険相談で 月間2万2千円も支出が抑えられた話 これをしていこうと思います。 サクッと読めるように ...

で、次は携帯電話です。

僕が入っていたのは有名3大キャリアの一つです

夫婦合わせて月間2万円。

と、合わせてはいるとお得と言われて

なんとなく入ったブロバイダが5000円

これを格安SIMに変えました。

仕事中はほとんどスマホなんて見れないし

家に帰ればWIFIがあるので一番安いプランで

夫婦合わせて4000円w

ついでにプロバイダも変えて3000円に

これだけで毎月1万8千円も減ったんです。

この時、まだスマホの本体代が残っていたので

それを合わせても余裕で安いです。

外では対して使わないのに

通信7GBとか無駄以外の何物でもなかったです。

使わない通信代を毎月支払っていたんですからね

なんと、携帯と保険を見直しただけで

4万円も浮いたんです!

こうして僕の無理のない『仕組み貯金』は始まった

仕組みの威力を身を以て体験して

このような経験から僕は仕組みの旨味を知ります。

毎日気を使ってケチケチ節約しないでも

今ある無駄を把握して適切な方に持っていくだけで

4万円も支出が減ったんですから。

支出が減ったということは収入が増えたということです

毎月4万円も給料を上げるのって1年そこそこじゃ

不可能じゃないですか。

でも、支出を減らすのなら決して不可能じゃありません

だからこそ、仕組みはすごいんだな~と

改めて分かった僕でしたw

そうした仕組みをどんどん派生させて

膨らみ続けて言った結果

貯金はいつの間にか1000万円になっていた。

まるで夢のような世界の話が実際に現実となったのだ

次回はこれです!

~第3話~家計簿付けるのメンドクセ!つけなくても貯めれる方法ないの?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓