離乳食の進め方とメニューってどうすれば良いの?悩まない進め方とは

赤ちゃんが5、6カ月になり

そろそろ離乳食を始めようと思っているあなた!!

今までおっぱいオンリーだった赤ちゃんがご飯を食べるなんてなんだか怖くなりますよね。

そんなおっかなびっくりの離乳食ですが、

きちんと計画を立てて進めていけば全然怖いものはありません!

2人の子供がいて、最近下の子の離乳食を始めた私が、

離乳食の進め方と、ちょっとしたアイデアを紹介していきます。

離乳食を始めるタイミング

下の子(息子)は5カ月で離乳食を始めました。

本当は6カ月からゆっくり始めたかったのですが、

ご飯を食べていると下の子から感じる熱烈な視線

「何食べてるの、俺は食べてないんだけど、てかおっぱいも貰ってないし、お腹減った~」

と言ってるような視線を感じ、離乳食を始めました。

一般的に離乳食は5~6カ月頃始めるのが良いとされてますが

赤ちゃんが、大人の食べている様子に興味を持ちだしたら離乳食を始めるサインです。

一番始めの離乳食

「じゃぁ離乳食を始めよう」

と思っても何からどのように始めればよいか分かりませんよね。

とりあえず始めは

ご飯をおかゆにした

「10倍がゆ」から始めるのが基本です。

お米と水を、1:10にして煮たお米を粒が残らないペースト状にします。

このペースト状にしたおかゆをスプーン1さじから、赤ちゃんに食べさせていきます。

我が家の息子は初めてあげた時から、嬉しそうに食べていたのですが、

赤ちゃんがスプ―ンやおかゆを嫌がるようなら無理にあげる必要はありません。

始めの5~6カ月は離乳食に慣れる事が目的なので、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ慣らしていく事が大切です。

離乳食の進め方

息子におかゆを2週間程食べさせて

「母ちゃんめんどくさがらないで、そろそろ他の食品も食わせてくれよ」

と言ってるような視線を感じたので、次は野菜をあげてみました。

赤ちゃんがおかゆに慣れてきたら他の食品もあげてみて下さい。

息子には、ほうれん草やじゃがいも、人参を柔らかく煮て、すり鉢でペースト状になるまでつぶして食べさせました。

そしてフルーツもおすすめ!!

リンゴやバナナはすりおろしやペースト状にしやすく、味も甘いので赤ちゃんの食いつきもグッド。

我が家の息子もリンゴが大好きで、食べ終わると

「もっと食わせろ~」と泣き出すほどです。

また初めて食べさせる食材には味付けは不要!

その食材のそのままの味を食べさせてあげましょう♪

注意したい事

ここで離乳食を進めていく上で注意することが2つあります。

1つはアレルギーです。

アレルギー反応が出ると、蕁麻疹やひどい時は発作を起こしてしまう事があるので、

アレルギーが出やすい、小麦粉や乳製品などはまだあげる時期ではありません。

2つは離乳食をあげる時間帯です。

初めて食べさせる食品は、アレルギーや下痢などの事も考えて

何かあった時にすぐ病院にいけるように日中にあげるのがイイです。

離乳食の負担を減らすために…

離乳食って赤ちゃんの成長を感じて嬉しい一方、

アレルギーなどに不安になったり、

食材をペースト状にしたり、赤ちゃん用に個別にメニューを作ったりと結構めんどくさいです。

そこで離乳食を進める上でおすすめしたいのが、

離乳食の本を一冊買っておくこと!!

特に月齢であげて良い食品ダメな食品が書いてある本を選ぶと

進めていくうえで悩むことなく、無駄にネット検索せずに済みます(笑)

ちなみに私が買った本にはこのように月齢によって、食べさせて良い食品が一覧になっているので、とても見やすく悩む事がありませんでした。

(写真は5~6カ月頃の食品一覧)

また、めんどくさいおかゆは炊飯器で作ってしまうと楽です。

動画のように普段食べるご飯を炊く炊飯器の真ん中に

お米と多めの水を入れたカップを真ん中においてそのままご飯を炊きます。

【動画】https://youtu.be/uhPzulp_jYQ

そうすると赤ちゃん用のご飯を単体で煮ることなく一緒に作れるので時間短縮になります。

で、そのおかゆをすり鉢でペースト状にすればそれで完了です。

あと離乳食を作るうえで絶対そろえて欲しい道具は

さっきからちょくちょく登場してくる

すり鉢セットです。

またすり鉢があれば小さい子供でも使えるので、

我が家の3歳の娘は

たまにこぼしますが、喜んですり鉢で食材をつぶしてくれますよ。

これさえあれば、めんどくさいすりつぶし行為も楽勝です♪

まとめ

私も上の娘が離乳食を食べている時は

毎日「今日はあれ食べた、これ食べなかった、なぜ食べないんだろう」

と悩んだりしましたが

今では何でも食べる食いしん坊娘です。

離乳食は焦って始めたり、急ぐ事ではありません。

だって

焦らなくたってそのうち絶対ご飯食べるようになりますから♪

子供の様子や機嫌に合わせながらゆっくり進めていくのをおすすめします。

ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:今日の育児日記ブロトピ:ブログを更新しました。

Sponsored Links