セレブなママ友ってどうなの?その考え、あなたにとってはアリorナシ!?

ママ友の、贅沢な日常披露的なセレブ話にストレスを感じたことのある方も少なくないのでは?

私は、感じたことがあります!

いろんな子供がいるように、いろんなママがいます。

大概のママとは仲良くできる私ですが、このタイプのママは少し苦手です。

セレブを否定するつもりはないです。おしゃれでゴージャスで「かっこいい」と思うママもいます。要は、周りに「不快」を与えなければいいのです。SNSに高級レストランのランチを週に何回もアップしていたり、口を開けば服や持ち物のブランドや子供のお稽古自慢…もはや、何がしたいのか私には理解できません。

「私も心が狭いなー」と反省もあります。だって、こういった事に過敏になっているということは、少なからずひがんでいるのだと思いますもの。でも、自慢話は自己満話であって、

心から「すごーい」とか「いいなー」と付き合える人って、なかなかいないと思います。

特に私は「セレブ」っぽいママがダメなんです。なんというか…洋服や持ち物やメイクをバッチリきめていても、その人自身のオーラが伴っていない人に自論を語られると虫唾が走ります。

私はあなたのなんなのさ!?


こう思うようになったのも、あるママ友とのお付き合いが原因です。

私は2人の子供を持つシングルマザーです。生活も中の下くらいで決して裕福ではない…ですね。月末なんて、家計簿見ながらため息ついてます。疲れていると子供たちの声が頭痛を引き起こすこともあります。子育てと仕事の両立にキャーキャー騒いでますが、それでも家族3人の生活を楽しんでいました。

そんな中、平穏な生活をかき乱す出来事が!

今はLINEを筆頭にSNSが盛んですよね。当然、ママ友グループもあります。私が苦手とするセレブっぽいママが、突然「A(私の娘)ちゃんちってなんだか大変そうだから、これからお菓子届けてきまーす」とグループLINEに投稿し、5分もたたないうちに家のチャイムが鳴り突然の訪問。その後、お礼をしようとLINEアプリを開いて唖然。要約すると「Aちゃんちに行って来たら部屋が狭くてビックリ。あれじゃあAちゃんが可哀想だなーって思っちゃった」的な報告がされていたのです。しかもグループLINEに…。

グループLINE、私も見ているんだけど?

そもそも、個人的な連絡なら直接してくればいいじゃない?

そう思っても、ハッキリ言ってしまうと角が立つので「まぁ、いいや」と泣き寝入りすることにしました。

好かれているのか、いいネタにされているのか。

「リーズナブルなランチができる美味しいお店を見つけたの。是非一緒に行きたくて!」と誘われ、うまく断れず行ってみたら…「えっ。パスタが2500円!?」という価値観の違いをストレートに見せつけられたり。

ママ友たちの立ち話。公文や英語などの習い事で盛り上がっていた時も、「うちも何か習わせてあげたいなー」と私が言えば、待ってましたとばかりに「Aちゃんちは難しいんじゃない?大変そうだし!そういえば、うち私立の小学校受験考えてるんだけどー…」とのご意見。

完全に心を閉ざした瞬間です。

ここまでハエ叩きのように、出れば潰され続けたら誰だってカチンとくるものじゃないですか。

そう、…まさに、ハエ扱い。

でも、こんなことでやさぐれるのは勿体ない!!


苦手なタイプとどうやってうまく付き合っていくか…かなり真剣に考えました。真剣に考えるほど、悩んでいました。そこでたどり着いた答えが「私は私らしくでいい」っていうことです!無理したって我慢したって、疲れちゃいますもの。

ママ会をしようとなった時に「おしゃれなカフェ」よりは「ファミレス」を推し、公園で遊ぶ時にはサンダルやヒールではなくスニーカーで行き、暑ければノーメイクでだって気にしません。気取った会話よりも本音で語り合いたいし、子供たちとも真剣に遊びたい。

「楽しいことを選ぼう!」

そう変われたとき、周りも少しずつ共感してくれるようになりました。私が大変そうなのはみんな感じていたようで、言葉にして応援してくれるようにもなりました。

まぁ、確かにしんどいことも多いです。でも、私にとってはこの生活が居心地よく楽しいです。自分が選んだ道なのだと強く芯をもっていきたいと思っています。

まとめ


どんなに着飾ってキレイにしていたとしても、その人自身にパワーやオーラが無いと説得力もなく、共感もできないですもの。洋服や身なりではなく、私は経験や知識、心を磨き輝きたいですね。

そう。大切なことは「自分らしさ」。

だって、それが貴女の子供から見た「素敵なママ」なのですから。

Sponsored Links